ホーム > 附属施設 > 附属先端医療学推進センター

附属先端医療学推進センター

センター紹介

高知大学医学部の研究活動拠点として『先端医療学推進センター』が平成21年9月に設置されました。先端医療学推進センターは、高知大学オリジナルの基礎研究の成果をもとに、イノベーティブリサーチとトランスレーショナルリサーチを展開して、大学医学部の使命である最先端医療の開発を行います。加えて、主体性とリサーチマインドをもった医師・医学者を育成します。
先端医療学推進センターは独創的医療部門・再生医療部門・情報医療部門・社会連携部門・先端医工学部門・臨床試験部門の6部門から成り、各部門に流動的なプロジェクトユニットとして研究班を配します。医学部、附属病院と連携し、組織横断的に基礎研究者と臨床医が一丸となって医療学系プロジェクト研究を推進します。
平成23年4月から医学科学生に対する教育プログラム「先端医療学コース」を開始しました。先端医療学コースは、医学科2年生~4年生の正規カリキュラム(選択必須科目)に組み込まれ、早期研究体験、アクティブラーニング、異年次教育を特徴とします。

スタッフ紹介

先端医療学推進センター

講 師:沈 淵 〈研究者総覧へ〉
助 教:山下 竜幸 〈研究者総覧へ〉
助 教:王 飛霏 〈研究者総覧へ〉>
助 教:馬場 伸育 〈研究者総覧へ〉
特任助教(テニュアトラック):Naji Abderrahim  〈研究者総覧へ〉

高知大学医学部附属病院

附属先端医療学推進センター
http://www.kochi-ms.ac.jp/~citm/
TEL:088-880-2588
FAX:088-880-2314