ホーム > 学部案内 > 医学科 > 医学科講座 > 解剖学

解剖学

研究室紹介

 解剖学は、医学の基本的学問として微細構造からマクロのレベルまで人体の構造について追究する学問です。教育では、2年生の人体解剖学、神経解剖学および組織学の講義と実習を担当しています。人体解剖学および神経解剖学では献体されたご遺体を用いて教育を行い、人体の構造と機能を理解します。また、より良い医師育成を目指して生命観、倫理観を醸成し、問題解決能力を向上させるよう指導しています。組織学では細胞レベルで人体の構造について講義を行い、実習において実際の切片を顕微鏡で観察し、自ら考えることを重視しています。 研究では、おもに脳の構造と機能についてラットまたはマウスなどの実験動物を用いて分子レベルで解析しています。生物において脳は感情、記憶、行動の中枢であり、環境、年齢、性別によって構造や機能が影響を受けます。ホルモンやストレスが脳に与える影響や生物間の絆および子育てに関係する神経メカニズムの解析を行っています。さらに、画像解析法について研究を進めています。

研究内容

 当教室の研究の目的は、情動行動や学習などの高次神経機能についてラットやマウスなどの実験動物を用いて分子生物学および神経解剖学レベルで理解することにあります。女性ホルモンの作用をそのレセプターの脳内局在から解析するとともに、情動の性差に関わる神経回路について研究を行っています。不安などの情動については思春期の前後では情動行動に大きな差が見られ、女性ホルモンが関係していることが知られています。絆と共感に関する神経機構の解析では一夫一婦制を示し、夫婦で子育てをするハタネズミを用いて、育児の神経回路やパートナーの認識機構を解析しています。また、ストレスの中枢神経系におよぼす作用やうつ状態の病態解明について研究しています。 画像解析では、蛍光画像を用いて異なるタンパク質の相互関係を追究しています。

スタッフ紹介

教 授:由利 和也 〈研究者総覧へ〉
准教授:大迫 洋治 〈研究者総覧へ〉
助 教:Zinchuk,Vadim S. 〈研究者総覧へ〉
助 教:田中 健二朗 〈研究者総覧へ〉
助 教:髙橋 弘 〈研究者総覧へ〉
助 教:日高 千春
高知大学医学部 解剖学講座

高知大学医学部 解剖学
http://www.kochi-ms.ac.jp/~ff_antm1/

TEL:088-880-2584
FAX:088-880-2300

献体の問い合わせ先

 高知大学医学部内
 一般財団法人 爽風会事務局(総務企画課総務係)
 TEL:088-880-2505