ホーム > 学部案内 > 寄附プロジェクト > 講座紹介 > 臨床疫学

臨床疫学

研究室紹介

臨床疫学講座は、高知県からの寄附により2019年4月に、高知大学医学部環境医学講座のもとで臨床研究フェローシッププログラム整備支援プロジェクトとして発足、2020年4月から、高知県臨床研究フェローシップの拠点講座として高知大学医学部に設置されました。その使命は、地域医療に貢献しながら臨床研究を学び実践する研究者の育成を行う本フェローシップを運営することです。

臨床疫学とは、医療従事者が「臨床現場で悩んだことや困ったこと(クリニカルクエスチョン)」を、介入ではなく疫学的手法で解決し、その答えを臨床に還元する学問です。臨床疫学を理解することは、現場で働く臨床医が患者さんや医療現場をよりよくするために、「自分で答えを見つけるためには欠かせない」と考えています。

本フェローシップでは週4日の診療業務を行いながら、プロテクトした週1日の研究日で、遠隔学習プログラムを利用しながらオン・ザ・ジョブで臨床研究を学び実践していただきます。地域メンターである私と、高知大学や京都大学などの臨床疫学専門家が指導し、3年間で研究の実施・論文化を目指します。

高知の地域医療の現場は、今後、世界が抱えるであろう諸問題にすでに直面しており、臨床研究で解決可能なクリニカルクエスチョンが、地域医療の現場には豊富にあります。日常の自身の診療に、ひいては社会に還元できるような臨床研究に、高知県でチャレンジしてみませんか?

研究内容

  1. 教育活動
    • 高知県臨床研究フェローシップ運営
    • 臨床研究者育成セミナーの実施・協力
      高知県、東京都、福岡県、福島県、長野県など(今年度は主にオンラインセミナー)
  2. これまでの研究実績
    • 厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究班分担研究
    • 血管炎に関するAMED研究班分担研究
    • 全身性エリテマトーデスの多施設共同レジストリ構築

スタッフ紹介

寄附プロジェクト(臨床疫学)

特任教授:佐田 憲映 〈研究者総覧へ〉
 

高知大学医学部 臨床疫学

https://www.kochi-ms.ac.jp/~ff_evrnm/cr-fellowship/

TEL:088-888-2918
FAX:088-888-2918