ホーム > 学部案内 > 医学科 > 医学科講座 > 歯科口腔外科学

歯科口腔外科学

研究室紹介

当教室は、医学部の中における歯科口腔外科教室として、一般歯科的疾患を含めた口腔・顎・顔面領域の諸疾患の診断・治療についての教育さらには基礎的・臨床的研究を行っています。 歯科口腔外科の扱う疾患を具体的に挙げますと、舌癌、歯肉癌などの悪性腫瘍、口腔顔面領域の良性腫瘍、嚢胞、顎顔面骨骨折、顎変形症、唇顎口蓋裂、歯性感染症、顎関節疾患、白板症・扁平苔癬・カンジダ症などの口腔粘膜疾患、ウイルス感染症、口腔乾燥症、舌痛症、味覚異常、三叉神経痛などがありますが、当教室ではこれらの中で、悪性腫瘍、歯性感染症および口腔粘膜疾患について重点的に取り組んできております。癌の治療は、主に手術、抗癌剤、放射線などによってなされてきておりますが、口腔の各器官は咀嚼、嚥下、発音などの重要な機能を有しており、口腔癌を単に手術のみで治療すると重大な機能障害、ひいてはQOLの低下を招くことになります。そこで、当科では超選択的動注療法を用いた化学療法、放射線療法、さらには、免疫療法にて腫瘍の縮小・消失を図り、可及的に手術を回避するように努めており、最近では近赤外線蛍光カラーカメラシステムを用いたセンチネルリンパ節生検の有用性に関しての臨床研究も行っております。これらの臨床的研究に加えて、治療効果の向上を目指した基礎的研究も行っており、さらには、口腔扁平苔癬の病因解明および口腔カンジダ症の制御に向けた基礎的・臨床的研究も行っております。
学生教育としては、一般の歯科的疾患に加え、口腔外科学、口腔内科学さらには口腔腫瘍学についての講義を行うとともに、“口腔癌に対する導入化学・放射線・免疫療法と機能温存手術の実際とその理論的背景について”、さらには、“口腔扁平苔癬および口腔カンジダ症などの口腔粘膜疾患の病因解明に向けてのアプローチおよび新しい治療法の開発に向けての戦略構築について”などの講義を行っています。卒後教育については歯科医師が対象となりますが、医学部の中の歯科口腔外科である利点を生かし、医学・医療全般にわたる広い視野を持つ歯科医師ならびに高度な専門知識・技術をもつ口腔外科専門医の育成に力を入れており、国内外における施設での最新の知識・技術の習得を行うようにしております。

当教室は、口腔顎顔面領域の下記に示すような疾患に関する基礎的・臨床的研究を行い、月1回医局内リサーチミーティングを行うとともに、その成果は国内外での学会および論文にて発表しています。

研究内容

1.口腔癌に関する基礎的研究
当教室は今後の医療への貢献を目的として、以下の様な基礎的研究を行っています。
・扁平上皮癌のEph-Ephrinシグナルを介する浸潤・転移機構の解析
・細胞競合に立脚した口腔扁平上皮癌の早期診断・予防方法の開発に向けた基礎的研究
・口腔癌の局所腫瘍免疫に及ぼす低酸素環境ならびにHIF-1αの影響
・口腔扁平上皮癌分泌エクソソームによる腫瘍悪性化促進機序の解明

2.口腔粘膜疾患に関する研究
以前より当教室では口腔扁平苔癬の病因解明および口腔カンジダ症における薬剤耐性真菌の制御を目指した唾液中の抗菌ペプチド、ラクトフェリン由来の抗菌ペプチド(Peptide 2)についての種々の検討を行なってきました。現在は下記のようなテーマに取り組んでおります。
・口腔扁平苔癬に対する分子標的療法の有用性に関する基礎的・臨床的検討
・口腔カンジダ菌の病原性獲得に関わる因子の検討ならびにその制御

3.口腔癌におけるセンチネルリンパ節生検の有用性に関する研究
口腔癌における近赤外線蛍光カラーカメラシステムを用いたセンチネルリンパ節生検の有用性に関する研究を行っています。

スタッフ紹介

歯科口腔外科学講座

教 授:山本 哲也 〈研究者総覧へ〉
講 師:北村  直也 〈研究者総覧へ〉

歯科口腔外科

講 師:笹部 衣里 〈研究者総覧へ〉
助 教:仙頭 慎哉 〈研究者総覧へ〉
高知大学医学部 歯科口腔外科学講座

高知大学医学部 歯科口腔外科
http://www.kochi-ms.ac.jp/~fm_dntst/

TEL:088-880-2423
FAX:088-880-2424