ホーム > 学部案内 > 医学科 > 医学科講座 > 神経内科学

神経内科学

研究室紹介

 神経内科が取り扱うのは「神経系」と「筋肉」で、いずれも全身に分布する大きな臓器で、ことに神経系は、ニューロン(神経細胞)が複雑精緻なネットワークを構成し、ヒトがヒトとして活動していく上での高度な運動や感覚また精神活動をコントロールしています。従ってそれらの障害により、日常生活の遂行に大きく支障のあるさまざまな症状が出てきます。
 神経の病気の原因は、感染(細菌やウイルス)であったり、血管障害であったり、炎症性のもの、代謝障害(蛋白質や酵素の異常)、中毒、先天性、変性(神経細胞が原因不明で徐々に障害されてくる)であったり、と多種多様であり、それに伴い患者さんの症状も、手足のしびれ、麻痺(力が入らない)、めまい、頭痛、ふるえ、歩きにくい、しゃべりにくい、動作がのろい、けいれん、ぴくつき、失語、など多彩です。

◎ 神経内科で扱う疾患
 患者さんの数が多い病気としては、(各種)頭痛、脳血管障害(脳梗塞や脳出血)、頸椎症、パーキンソン病、てんかん、(各種)めまい、ニューロパチー(末梢神経疾患)などがあげられます。
 神経系統が複雑な構造と働きをしているために、その病気の診断と治療には専門医による診断が必要なのです。
 この他に、神経内科には多くの「神経難病」があります。「神経難病」とは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症(SCD)、ハンチントン病、多発性硬化症、重症筋無力症、スモン、ある種の先天性代謝性疾患(ファブリー病、ポンペ病、クラッベ病などのリソソーム病や副腎白質ジストロフィー)など、原因が完全に解明されていない病気で、その診療により高度の専門性が必要とされる病気です。多くは厚生労働省により「特定疾患」(いわゆる難病)に指定されています。
 また、このような疾患のみならず、高齢化に面した日本で誰もが直面しなければならない「物忘れ」、「頭痛」、「腰痛」、「手足のしびれ」などについても、診療を行っています。

研究内容

◎ 神経内科学教室では、パーキンソン病とその類縁疾患についての研究を主に行っています。認知症や 転倒、姿勢反射障害、転倒や起立性低血圧が起こる機序、またこれらを早期から発見する検査法についての臨床研究を行っています。姿勢反射障害、転倒に関しては反復磁気刺激を用いた治療に取り組んでいます。これら疾患の疫学研究も始まっています。

◎ また熊本大学、国立精神神経医療センターなどとの共同研究で、iPS細胞を使った神経・筋難病の病態解析、治療薬のスクリーニング研究などを行っており、代謝性神経疾患、神経変性疾患などで成果をあげています。

スタッフ紹介

神経内科学講座

教 授:古谷 博和 〈研究者総覧へ〉

内科(神経)

講 師:大崎 康史 〈研究者総覧へ〉
助 教:森田 ゆかり 〈研究者総覧へ〉

救急部(脳卒中センター担当)

特任講師:古田 興之介
高知大学医学部 老年病・循環器内科学

高知大学医学部 神経内科学

TEL:088-888-2749
FAX:088-888-2745