ホーム > 学部案内 > 医学科 > 医学科講座 > 呼吸器・アレルギー内科学

呼吸器・アレルギー内科学

研究室紹介

【教室案内】
 当科の前身である「第3内科」は昭和56年(1981年)4月に開設され、「血液・呼吸器内科」として、平成19年(2007年)4月より横山彰仁教授のもと、内科領域における呼吸器や血液の疾患を担当してまいりました。しかしながら、内科領域の各専門領域の医療が極めて高度化している現状に対応するため、令和元年(2019年)6月からは、新たな教室として血液内科が分離・独立し、現在の「呼吸器・アレルギー内科」と呼称することになりました。
 当科では気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性気道疾患や間質性肺炎の診療に重点を置くとともに、近年増加している肺癌に対しても先進的あるいは標準的な治療を行っています。気道疾患モデルを用いた病態解析・治療研究や、間質性肺炎のバイオマーカーの開発・研究、肺癌細胞の分子レベルの研究などを行っています。
 当科は意欲ある臨床医の育成に積極的です。なぜならば、高知県では中心部以外に呼吸器領域専門医がおらず、また、全国的にも大いに不足しているからです。医局員全員が内科学会の専門医を取得し、なるべく早く呼吸器あるいはアレルギー、臨床腫瘍の専門医、指導医を目指すことを目標にしています。また当科出身の医師は高知医療センター、国立病院機構高知病院などの公立病院や民間病院も含めて県内基幹病院に在籍し、専門医として活躍しています。しかし、専門医取得後に高知県以外の出身地に戻る予定の人や、研究等で他の施設や海外で活躍しようとする人も大いに歓迎します。
 なお、当教室の横山教授は2022年の日本呼吸器学会会長予定者となっており、総会を京都国際会議場で主催する予定です。

【医学部学生教育の取り組み】
 講義は4年生の呼吸器疾患を担当しています。それぞれの総論と診断学の講義に続いて文部科学省モデル・コアカリキュラムの呼吸器系で取り上げられている代表的疾患についての講義を、教授、准教授、講師、助教で分担して行っています。5年生の臨床実習では多くの小講義をとり入れるとともにベッドサイドティーチングなどマン・ツー・マン指導に重点を置いています。
 病棟では学生それぞれに担当患者さんを割り当て、課題を与え検討したことを、実習終了時には症例発表も行ってもらいます。症例検討会や抄読会、回診などから入院患者の病態の把握、理解をしてもらいます。また聴診シミュレーター「Mr. Lung」を用いた胸部聴診実習や肺機能検査、胸部X線読影など実臨床に即した実習を行っています。最新のナビゲーションシステムを用いた気管支鏡検査の見学も行っています。また、当科では死に直面した疾患も多いため、2週間の実習中に半日、高知厚生病院の緩和ケア病棟での実習を行い、ターミナルケアの実習を体験してもらっています。近年大学病院では結核症例が減少しているため国立病院機構高知病院の結核病棟での実習も行っています。

研究内容

【研究テーマ】
 当科は、呼吸器・アレルギー疾患の基礎・臨床研究を行い、疾病の原因、病態の究明と治療法の改良・開発を行うことを研究の目的としています。また、気道疾患、肺がん、びまん性肺疾患に関する全国的な多施設共同研究に参加し、臨床研究を行っています。
 気管支喘息モデルマウスを用いた喘息治療研究や喘息・COPDなどの気道疾患における誘発喀痰中の炎症性物質と病態の研究、ならびに間質性肺炎のバイオマーカーの開発を行っています。腫瘍領域では、肺癌患者由来の細胞株を樹立し、遺伝子解析を中心に癌化のメカニズムを解明する研究や、エビデンス構築のための他施設共同研究に積極的に参画しています。また希望者は研究を通じて国内外への留学も盛んに行っています。

スタッフ紹介

呼吸器・アレルギー内科学

教 授:横山 彰仁 〈研究者総覧へ〉
准教授:窪田 哲也 〈研究者総覧へ〉
助 教:渡部 雅子 〈研究者総覧へ〉
助 教:酒井 瑞  〈研究者総覧へ〉
助 教:穴吹 和貴 〈研究者総覧へ〉

内科(呼吸器・アレルギー内科)

講 師:大西 広志 〈研究者総覧へ〉
助 教:高松 和史 〈研究者総覧へ〉
高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科学

高知大学医学部 呼吸器・アレルギー内科学
http://www.kochi-ms.ac.jp/~hs_intr3/

TEL:088-880-2345
FAX:088-880-2348