ホーム > 大学院案内 > 大学院総合人間自然科学研究科(修士課程) > 医科学専攻 > 医科学コース

医科学コース

1.目  的

近代医学は、生物学・物理学・化学・工学などの自然科学の進歩の成果を結集して発展してきました。 さらに現代、医学はゲノムサイエンス・分子生物学・発生生物学(発生・分化・再生)などの生命科学の成果をもとに目覚しいスピードで発展し、 遺伝子療法・再生医療・生殖医療などの今日の先端医療を形成しつつあります。他方、先端医療の進歩による脳死・臓器移植・体外受精・遺伝子治療と生命倫理との調和、 超高齢化社会の到来による疾病構造の変化、患者のQOL<Quality of Life(生活・生命の質)>の重視など、医学・医療を取り巻く社会環境は大きく変革しています。 この急速に発展する医学・医療に的確に対応するためには、自然科学および人間主体の人文科学と医学の調和をめざした医科学(Medical Science)の発展・充実が望まれます。 このことにより、今後、ますます複雑化する医療・福祉などの社会的諸問題を包括的に捉えうる専門家の育成が可能となります。そのため、自然科学系学部(理学、農学、薬学、工学など) のみならず人文学系学部(心理学、社会学、経済学、教育学など)を含む医学部(医学科)以外の学部卒業者を、医科学へと導く教育・研究システムが必要です。
本医科学コースでは、医学部(医学科)以外の出身者を対象に、医科学に関する幅広い知識を体系的、集中的に教育することにより、高度に専門化した知識と技術を身に付けた 医科学分野の研究者・教育者を養成し、さらに社会的諸問題について医科学を基礎として包括的に捉えうる人材を育成しようとしています。

2.アドミッションポリシー

医科学専攻(修士課程)では、その目的に基づき、次のような学生を求めます。

【知識・理解】

医科学に関連する自然科学ないし人文社会科学分野について、学士課程修了相当の基礎的な知識と文献読解力を有している。

【思考・判断】

既得の基礎知識をもとに、医科学のトピックスの概要を理解し、自らの研究課題を提案できる。

【関心・意欲、態度】

専門的な医科学の知識と経験を活かし、医療関連の研究教育施設、企業、病院などにおいて指導的な貢献を果たす意欲を有する。

【技能・表現】

医科学に関する自らの興味について、口頭や文章によって簡潔かつ論理的に伝えることができる。

3.研究指導教員及び主たる研究内容

詳しくはこちら高知大学医学部