クリストファー・ギルバーグ博士による特別公開講義|イベント(2013年度)|〈高知大学医学部〉

ホーム > イベント(2013年度)クリストファー・ギルバーグ博士による特別公開講義

イベント(2013年度)

クリストファー・ギルバーグ博士による特別公開講義を開催します

 発達障害研究の世界的権威であるクリストファー・ギルバーグ博士(スウェーデン イェーテボリ大学 教授)による特別公開講義を開催します。
※英語での講義ですが、通訳があります。


【タイトル】ESSENCE across the lifespan
【日  時】平成25年10月16日(水)14:50~18:00
【会  場】高知大学岡豊キャンパス臨床講義棟2階 第3講義室
交通アクセス情報
キャンパスマップ(岡豊キャンパスマップの11番)


 ESSENCEとは「神経発達的診察を行う必要のある早期徴候症候群」の略語で、ギルバーグ博士が2010年にResearch in Developmental Disabilities誌上にて論文にて発表しました。ESSENCEは、ADHDや自閉症スペクトラム障害等殆どの発達障害が合併しがちであり、一生続く障害であることが認識されてきたことの象徴ともいえる概念です。
 世界のリーダーとしてこの分野を牽引してきたクリストファー・ギルバーグ博士の大学院博士課程・小児神経精神医学コースの講義を公開講義とします。