ホーム > イベント(2013年度)第2回インテンシブコース

イベント(2013年度)

「第2回インテンシブコース(在宅がん医療・緩和医療)在宅がん医療講演会 」を開催します

 本学が参加する「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」では、中国・四国地域に位置する10大学がひとつのコンソーシアムを結成し、広い地域にムラなくがん専門医療人を送り出すことを目的としています。
 その中で本学が主管校として活動している在宅がん医療ワーキングでは、がん医療や在宅医療に携わる医療関係者等を対象に、在宅がん医療についての理解を深めていただくことを目的として、セミナーや講演会を開催しています。
 今回は、「在宅がん医療講演会」を下記のとおり開催することとしており、医療関係者の方々はもちろん、在宅がん医療に関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
 なお、9月に開催した「第2回インテンシブコース(在宅がん医療・緩和医療)集中セミナー『がん医療における在宅移行期の課題』」と併せて本講演会を受講した方には修了証が授与されます。

【日時】平成25年12月6日(金)18:30~20:00
【場所】高知大学医学部 臨床講義棟2階 第3講義室
【演題】『がん医療における在宅移行期の課題』
(在宅移行期のタイミング、療養場所の選択、在宅移行の具体的支援)
【講師】医療法人財団千葉健愛会あおぞら診療所院長
川越 正平 先生