ホーム > お知らせ(2013年度) >薬剤部「平成25年度高知県産学官連携産業創出研究推進事業」に採択

お知らせ(2013年度)

附属病院薬剤部の研究「ショウガを利用した嚥下機能改善品の開発」が
「平成25年度高知県産学官連携産業創出研究推進事業」に採択されました

 この度、医学部附属病院薬剤部の研究「ショウガを利用した嚥下機能改善品の開発」が「平成25年度高知県産学官連携産業創出研究推進事業」に採択されました。
 ショウガの中のいくつかの有効成分は、嚥下反射を高めることで、嚥下機能を改善する効果があります。この効果を利用して、嚥下機能改善品の開発を行うと共に、高知県への地域貢献を目指します。


※嚥下(えんげ)とは
  食物が認知され、口腔、咽頭、食道を経て胃に至るまでの全ての過程をいいます。