ホーム > お知らせ(2014年度) > 意見交換会 

お知らせ(2014年度)

尾﨑高知県知事と高知大学長及び医学部生との意見交換会を行いました

平成27年1月21日(水)、本学にて尾﨑高知県知事と高知大学長及び医学部医学科学生(高知県医師養成奨学貸付金受給者等)との意見交換会が行われた。
 高知県内の医師確保に向けて、知事が医師養成奨学貸付金貸与学生等に直接会い、県内の医療の状況、地域住民の思いや奨学生への期待を伝えることで、医学生の地域医療に対する意欲促進を図ることを目的として企画したものであり、今回は6回目の開催となる。
 尾﨑知事と脇口学長の対談の後、学生からは「県と大学で目指す方向は一体化しているのか、今後は大学の医局を中心とした制度も考えて欲しい。」、「若いうちに一度は外へ出てみたいとの気持ちもある」等、卒業後のキャリア形成の実現に対する率直な意見や質問があった。
 尾﨑知事からは「大学と県は全国的にも良好な関係を築いており、同じ方向を向いて地域医療を担う優秀な医師の養成に力を入れている。今後も医師のキャリア形成、自己実現ができる環境整備を進めていきたい。」旨の言葉をいただき、脇口学長も交えて活発な意見交換が行われた。


奨学生への期待を語る尾﨑高知県知事