ホーム > お知らせ(2014年度) >日本区域麻酔学会第1回学術集会 最優秀演題賞受賞

お知らせ(2014年度)

医学科5年生 岩田英樹さんが日本区域麻酔学会第1回学術集会において最優秀演題賞を受賞しました。

 医学科5年生の岩田英樹さんが日本区域麻酔学会 (4月25日, 岡山コンベンションセンター) で最優秀演題賞を受賞しました。本学会は, 今回が第一回大会で, 近年急速にその適応が拡大している区域麻酔に関して, 臨床・疫学研究から基礎研究まで様々な演題が討論されます。本学会では, 年次集会において全ての口演演題の中から, 最も優れた演題をプログラム委員会が選出して表彰します。岩田さんは, 麻酔科学・集中治療医学講座 横山 正尚教授の指導のもとリサーチコースとして研究をおこなっており, 鎮痛方法の違いが術後認知機能障害に及ぼすかどうかについての研究発表を行いました。授賞式は学術集会の懇親会にて行われました。また, 副賞として, ヨーロッパ区域麻酔学会の参加費が贈られました。

授賞式にて
左から横山教授、岩田さん、河野講師