ホーム > お知らせ(2015年度) > 小林教授らのチームが胃がんに対するロボット支援手術成功

お知らせ(2015年度)

医療学講座 小林道也教授らのチームは胃がんに対するロボット支援手術に成功しました。

 医療学講座医療管理学分野、外科学講座臨床腫瘍・低侵襲治療学(兼任)小林道也教授と外科学講座外科(一)並川努講師、がん治療センター前田広道特任助教のチームは胃がんに対するロボット支援手術に成功しました。消化器がんに対しては昨年から導入している直腸がんに引き続いての手術です。今後も胃がん、大腸がんに対して施行していく予定です。