ホーム > お知らせ(2015年度) > 記者会見4月20日(循環制御学 佐藤教授らの共同研究成果)

お知らせ(2015年度)

循環制御学 佐藤隆幸教授、附属病院 呼吸器外科 穴山貴嗣講師による、DIC株式会社、日本コヴィディエン株式会社との共同研究成果「画期的な近赤外蛍光樹脂材料の開発及び、近赤外光を応用した手術ナビゲーション技術の開発」に関する記者発表を行いました

 循環制御学 佐藤教授と、附属病院 呼吸器外科 穴山講師による、DIC株式会社、日本コヴィディエン株式会社との共同研究成果について、4月20日に記者会見を行いました。
 当該研究「画期的な近赤外蛍光樹脂材料の開発及び、近赤外光を応用した手術ナビゲーション技術の開発」では、医療の現場で行われているさまざまな手技について、そこに潜む「見えない」危険を取り除くため、人体に無害な近赤外光および近赤外蛍光を利用し、血管の可視化を行った例や、近赤外蛍光色素を含んだ医療具の開発状況などが示されました。
 今回の研究成果は、医療現場で行われているさまざまな手技の危険を軽減する、現場で役立つ技術となる可能性があります。
詳しくはこちらからPDF157KB)
for more informationPDF196KB)


記者会見の様子