ホーム > イベント(2017年度) > 第6回インテンシブコース(講演会)

イベント(2017年度)

第6回インテンシブコース(在宅がん医療・緩和医療)在宅がん医療講演会を開催します。

 本学が参加する「全人的医療を行う高度がん専門医療人養成プログラム」では、中国・四国地域に位置する11大学がひとつのコンソーシアムを結成し、広い地域にムラなくがん専門医療人を送り出すことを目的としています。
 その中で本学が主管校として活動している在宅がん医療ワーキングでは、がん医療や在宅医療に携わる医療関係者等を対象に、在宅がん医療についての理解を深めていただくことを目的として、セミナーや講演会を開催しています。
 今回は、高知産業保健推進センター副所長の吉本雄一氏に「退職に関する基礎知識」と題して、解雇と退職の違いや退職における自己都合退職と会社からの退職勧奨の違いについてお話しいただいた後、医療法人精華園海辺の杜ホスピタル健康推進室長であり、高知産業保健推進センター両立支援促進員でもある槇本宏子氏を講師としてお招きし、「治療と職業生活の両立支援とは?~ガイドラインから支援事例まで~」と題して、就労支援における課題をガイドラインや実際の事例を交えてご講演いただきます。
 医療関係者の方々はもちろん、在宅がん医療に関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
 参加無料、事前の申込みも不要です。皆様のご参加をお待ちしております。
 なお、11月に開催した第8回「インテンシブコース(在宅がん医療・緩和医療)集中セミナー『がんになっても仕事を続けられるように!みんなで考えよう!』」と併せて本講演会を受講した方にはインテンシブコースの修了証書が授与されます。

【日時】 平成30年2月23日(金)18:30~20:00 
(受付18:00~)
【場所】ザクラウンパレス新阪急高知 4階 フローラ