ホーム > お知らせ(2018年度) > 研究奨励賞受賞

お知らせ(2018年度)

 医学科4年生 西村直子さんが、第37回医療情報学連合大会で行った発表に対して研究奨励賞を受賞しました。

 医学部医学科4年生 西村直子さん(先端医療学コース:メディカルデータマイニング研究班)が、昨年11月に第37回医療情報学連合大会(第18回日本医療情報学会学術大会)で行った発表「年代により変化する年齢別臨床検査値分布は高齢者の医療介入基準に影響を及ほすか 」に対して、研究奨励賞が授与され、2018年6月21日(木)~6月23日(土)に新潟市の朱鷺メッセで開催された第22回日本医療情報学会春季学術大会(シンポジウム2018 in 新潟)の場において表彰されました。
 医療情報学連合大会は3000人規模の参加者がある学術集会です。「研究奨励賞」は、300題ほどの演題の中から35歳以下の若手研究者の優れた発表3演題にのみ授与される名誉な賞です。また、受賞者のほとんどは若手の大学教員や大学院生で、学部学生が受賞することは極めて稀です。
 現在の高齢者は 10~20 年前より心身ともに健康であると言われていますが、西村さんの研究は、それを裏付けるエビデンスが示せるかどうかを本学医学部の総合医療情報システムIMISの36年間にわたるデータを使って確認したものです。その結果、肝機能、栄養状態、腎機能、肝臓での薬物代謝いずれにおいても年代(時代)による変化は見出せず、高齢者の健康状態向上のエビデンスに関しては、今後も慎重に議論を進める必要があるという結論に達しました。

授賞式の様子
左から 医学情報センター 奥原義保教授
医学科4年生 西村直子さん
先端医療学推進センター 本家孝一センター長