ホーム > お知らせ(2018年度) > 第18回 KMS Research Meeting を開催しました

お知らせ(2018年度)

第18回 KMS Research Meeting を開催しました。

 第18回 KMSリサーチミーティングを開催しました。
 高知大学医学部准教授・講師会は、高知県内の大学・研究機関で行われている医学・医療に関わる研究を発表し意見交換を行い、研究発表に向けての新たなアイデア、連携を創出することを目的として、KMSリサーチミーティングを主催しています。
 平成14年以来、毎年2月に開催され今回で18回目となります。
 今年は、2月6日(水)・7日(木)の両日に医学科、看護学科をはじめ附属病院などから、62 題もの一般演題が集まり、ポスターセッション形式により活発な意見交換が行われました。
 そして、最優秀賞の微生物学講座・菊地広朗先生をはじめ計14名の方が各賞を受賞されました。
 3月7日(木)18:00より高知大学岡豊キャンパス大学院棟セミナー室にて、最優秀賞および優秀賞を受賞された方の受賞者講演会を予定しております。


(写真:授賞式の様子)
               
所属
受賞者氏名
演題
最優秀賞 微生物学講座
菊地 広朗
MYC/BCL6関連高悪性度ダブルヒットリンパ腫細胞株の樹立と治療標的分子の探索
優秀賞 外科学講座外科1
横田啓一郎
glypican-1を標的とした抗体薬物複合体(ADC:Antibody-drug conjugate)による胆管癌の新規治療開発
優秀賞 総合人間自然科学研究科
服部 恵美
プロテオゲノミクスソフトウェア Mutated Nucleotide and Amino acid sequence Generator (MuNAGe)の開発
優秀賞 薬理学講座
新武 享朗
暗期に増加するEAAC1は脳虚血後のキレータブル亜鉛を介した脳傷害を軽減させる
優秀賞 総合研究センター
Sylvia Lai
膵臓ランゲルハンス島における 二本鎖RNA結合タンパク質NF90及びNF45の機能解析
奨励賞 薬理学講座
清水 翔吾
脳内アンジオテンシンⅡタイプ1受容体を標的とした頻尿抑制効果
奨励賞 生理学 (循環制御学) 講座
戸高 寛
アルツハイマー型認知症治療薬donepezilを用いた 筋再生機構の解明
奨励賞 皮膚科
柴田 夕夏
即時型アレルギー抗原としての新規魚アレルゲン Myosin heavy chain
奨励賞 統合生理学講座
築田 靖崇
新生仔マウスの離乳における嗅結節の役割
奨励賞 微生物学講座
橋田裕美子
皮膚常在ウイルスゲノム多型を利用した宿主個体の出身地推定~微生物の社会医学・法医学的利用の可能性~
安心友の会賞 脳神経外科学講座
上羽 佑亮
マウス脳虚血時の亜鉛惹起性ミクログリアM1極性誘導の増悪とそれに伴う空間認知機能障害に対するペリジニンによる改善効果に関する研究
医学科同窓会賞 麻酔科学・集中治療医学講座
青山 文
術後せん妄様行動に及ぼす脳内神経炎症の影響-ラット開腹手術モデルでの検討-
医学科同窓会賞 外科学講座外科1
前田 広道
大腸癌切除後の腸間膜内リンパ節検索における脂肪溶解法の有用性
看護同窓会賞 看護学科
杉本 加代
雇用者50人未満の事業所に勤務する20~39歳の健康習慣