ホーム > お知らせ(2018年度) > 薬理学 東助教・清水准教授 研究論文採択

お知らせ(2018年度)

 薬理学講座 東洋一郎助教が筆頭著者、清水孝洋准教授が責任著者の研究論文が英国薬理学会の機関誌である British Journal of Pharmacology誌に採択されました。

 薬理学講座 東洋一郎助教が筆頭著者、清水孝洋准教授が責任著者の研究論文「Stimulation of brain nicotinic receptors induces activation of central adrenomedullary outflow through protein S-nitrosylation in the rat brain. (脳内ニコチン性アセチルコリン受容体刺激はラット脳でのタンパク質S-ニトロシル化を介して副腎髄質系賦活を惹起する) 」が英国薬理学会の機関誌である British Journal of Pharmacology誌に採択されました。本研究は、本学医学部解剖学講座・脳神経外科学講座との共同研究です。

 詳しくはこちらから

 薬理学講座ホームページはこちらから