ホーム > お知らせ(2018年度) > 大学院生 新武さんらの研究論文採択

お知らせ(2018年度)

 大学院医学専攻博士課程1年 新武享朗さんが筆頭著者、薬理学講座 東洋一郎助教が責任著者の研究論文がRoyal Society of Chemistryの機関誌であるMetallomics誌に採択されました。

 大学院医学専攻博士課程1年 新武享朗さんが筆頭著者、薬理学講座 東洋一郎助教が責任著者の研究論文「The inhibitory role of intracellular free zinc in the regulation of Arg-1 expression in interleukin-4-induced activation of M2 microglia. (インターロイキン-4誘導性M2ミクログリアでのArg-1発現制御における細胞内亜鉛の抑制的役割)」がRoyal Society of Chemistryの機関誌である Metallomics誌に採択されました。
 なお、本研究内容は、本学部脳神経外科学講座との共同研究になります。

 詳しくはこちらから

 薬理学講座ホームページはこちらから