ホーム > お知らせ(2019年度) > 皮膚科学講座研究グループ投稿論文

お知らせ(2019年度)

 皮膚科学講座 森坂広行大学院生及び佐野栄紀教授を含む研究グループの投稿論文が「Nature Communications」に掲載されました。

 皮膚科学講座の森坂広行大学院生及び佐野栄紀教授を含む研究グループのCRISPR-Cas3 induces broad and unidirectional genome editing in human cells の投稿論文が「Nature Communications」に掲載されました。
 皮膚科学講座の森坂広行大学院生及び佐野栄紀教授を含む大阪大学、京都大学、東京大学との共同研究グループの論文(筆頭者は森坂大学院生)「CRISPR-Cas3 induces broad and unidirectional genome editing in human cells (CRISPR-Cas3によるヒト細胞での一方向性で広範なゲノム編集)が、2019年12月6日に「Nature Communications」に掲載されました。
 この論文では新規のゲノム編集技術であるCRISPR-Cas3(クリスパー・キャス3)を開発し、実際にヒトiPS細胞での遺伝子修復に利用できることを確認しました。また、現在世界中で利用されているCas9(キャス9)とは異なり、大きくゲノムを削る特徴を持ち、標的以外を編集するオフターゲット効果も極めて低いことを明らかにした事を発表したものです。
 これらは、従来よりも安全性の高い日本発の技術であり、今後新たな創薬や遺伝子治療、農水産物への利用など様々な分野への応用が期待されます。