ホーム > お知らせ(2020年度) > 光線医療センター 中山特任助教 研究成果

お知らせ(2020年度)

医学部附属光線医療センター 中山 沢特任助教、井上啓史センター長らの研究成果が、光線技術に関する医学誌「Photodiagnosis and Photodynamic Therapy」に掲載されました。

 医学部附属光線医療センター 中山 沢特任助教、井上啓史センター長(医学部泌尿器学講座教授)らは、SBIファーマ株式会社 石塚昌宏氏、東京工業大学 小倉俊一郎氏らとの共同研究により、抗がん剤であるMitomycin Cが5-aminolevulinic acid (5-ALA)を用いた光線力学診断・治療を増強することを発見し、その研究成果がInternational Photodynamic Associationが刊行する「Photodiagnosis and Photodynamic Therapy」(令和2年6月24日付)に掲載されました。

 本研究チームは以前、休眠がん細胞において5-ALAを添加すると、非休眠のがん細胞以上に、代謝物であるProtoporphyrin IX (PpIX)が蓄積することを突き止めていました。
(詳細はこちら https://www.nature.com/articles/srep36478

 今回の研究では、膀胱がんにMitomycin Cを投与し、非休眠がん細胞を休眠がん細胞へ誘導することにより、効率よくPpIX蓄積を促すことができることを新たに見出した報告です。がん細胞におけるPpIXの代謝経路を明らかにすることにより、光線力学技術の発展が期待され、革新的な腫瘍治療の開発に繋がります。
 詳細はこちら https://doi.org/10.1016/j.pdpdt.2020.101893をご参照ください。

附属光線医療センターホームページはこちらから