Google
HOME 医学部紹介 学 部 大学院 附属施設 入試情報 キャンパスライフ
HOME >British Journal of Cancerのオンライン版に掲載
 お知らせ
 

微生物学講座 大畑雅典教授、医学専攻博士課程2年生の橋田裕美子さんらの研究成果が英医学誌British Journal of Cancerのオンライン版に掲載されました。

非小細胞肺がんにおけるメルケル細胞ポリオーマウイルスの腫瘍特異的感染


概要:ウイルス感染が原因となる悪性腫瘍は、全悪性腫瘍の約15%をも占めます。最近、新たに発見された腫瘍ウイルスであるメルケル細胞ポリオーマウイルスは、今世界中で注目を浴びています。高知大学医学部微生物学講座の大畑雅典教授、医学専攻博士課程2年生の橋田裕美子さんらは、このメルケル細胞ポリオーマウイルスが腫瘍に特化した形で、一部の非小細胞肺がん細胞に感染していることを突き止めました。


 本研究成果は、1月15日付けで英医学誌British Journal of Cancerのオンライン版に掲載されました。また世界各国の医療従事者に向けて、最新の重要記事を集めた米国のウェブサイトMDLinxにも紹介されました。


 近年、肺がんは地球的規模で増加し続けています。日本でも肺癌はがん死亡の第一位を占めます。喫煙は肺がん最大の原因ですが、今回の成果により、一部の肺がんでは腫瘍ウイルスの感染が関与していることが示唆されました。今後ウイルス発がん機構の解明が期待されます。




>>戻る


Copyright(c) 2005 Kochi Medical School all rights reserved.
医学科 看護学科