Google
HOME 医学部紹介 学 部 大学院 附属施設 入試情報 キャンパスライフ
HOME > 第11回KMSリサーチミーティング
 お知らせ

 第11回KMSリサーチミーティングが


              開催されました

 KMSリサーチミーティングは、高知大学医学部准教授講師会の主催により、高知県内の大学・研究機関で行われている医学・医療に関わる研究を発表し意見交換を行い、研究発表に向けての新たなアイデア、連携を創出することを目的として、平成14年に初めて開催され、以後、毎年2月に開催されています。
 今回、2月2日(水)3日(木)の両日に第11回が開催され、医学科、看護学科を始め附属病院や学外などから計59題もの演題が集まり、ポスターセッション形式により活発な意見交換が行われました。また、3日(木)には優秀な演題に対する表彰が行われ、最優秀賞を受賞した看護学科・青木早苗講師(臨床看護学)をはじめ計13名の方が各賞を受賞されました。
(写真:相良学長と最優秀賞の青木講師)
 3月1日(木)18:00より高知大学岡豊キャンパス臨床講義棟第1講義室にて受賞者講演会が予定されています。


所属 受賞者氏名
最優秀賞 臨床看護学 青木早苗
優秀賞 皮膚科 樽谷勝仁
優秀賞 臨床看護学 川島美保
優秀賞 環境医学(大学院) Ngatu Roger
クリニカルリサーチ賞 メディカルサプライセンター
ME機器管理室
村上 武
若手研究奨励賞 泌尿器科 福原秀雄
若手研究奨励賞 看護部(2階東病棟) 谷本未来
奨励賞 先端医療推進センター 沈 淵
奨励賞 麻酔科リサーチコース
(医学科2回生)
岩田英樹
安心友の会賞 眼科(大学院) 石田わか
医学部同窓会賞 皮膚科 横川真紀
医学部同窓会賞 皮膚科 中島英貴
看護学同窓会賞 看護学(大学院) 堀池 諒

各受賞者の演題
青木早苗 乳がん治療経験者の性生活に対する戸惑い
樽谷勝仁 Psoriasis-like skin lesion induced by Raf-MARK signaling requires Stat3 activation
川島美保 東日本大震災での医療支援活動による気づきから得た今後の課題
Ngatu Roger Identification of Bioactive Compound from Vernonia amygdalina leaf and their Anti-allergic activity in patients with atopic/eczema dermatitis
村上武 カオリナイト系粒状セラミックス処理水を利用した透析システム清浄化の試み
福原秀雄 前立腺癌に対するphotodynamic therapy
谷本未来 化学療法を受けている子どもの食行動
沈 淵 マウスの新しい低酸素性虚血性脳症モデルの樹立及び末梢血幹細胞を用いた治療法の検討
岩田英樹 高齢ラットの術後認知機能障害における急性術後痛の影響
石田わか 実験的自己免疫性ぶどう膜炎発症におけるDelta-like ligand 4 の関与
横川真紀 Epicutaneous application of the TLR7 agonist leads to development of lups glomerulonephritis in wild-type mice
中島英貴 Relationship between Th17 cytokines and adipokines in psoriasis patients
堀池諒 医学部学生における食行動とストレスの関連
    
>>戻る


Copyright(c) 2005 Kochi Medical School all rights reserved.
医学科 看護学科