Google
HOME 医学部紹介 学 部 大学院 附属施設 入試情報 キャンパスライフ
HOME > 総合診療部・上原助教らの研究がnatureに掲載
 お知らせ

医学部附属病院総合診療部・上原良雄助教らの

研究が英雑誌『nature』に掲載されました

  

 院内感染を引き起こす最も重要な原因菌として知られる黄色ブドウ球菌が人間の鼻腔(びくう)に定着するのを阻害する物質を、同じく鼻腔の常在菌である表皮ブドウ球菌が産生する物質から発見したと、東京慈恵会医科大細菌学講座(水之江義充教授)の岩瀬忠行助教らと高知大医学部附属病院総合診療部(瀬尾宏美教授)の上原良雄助教らの合同研究チームが20日付の英科学誌ネイチャー(〓電子版)に発表しました。


 あらゆる抗生物質が効かない多剤耐性菌の出現など、病院関係者にとって入院患者の院内感染対策は重要課題。人間の常在菌がつくり出す“天然由来の武器”から新たな治療薬が開発されれば、黄色ブドウ球菌を容易かつ安全に除菌でき、院内感染事故の減少につながると期待されます。


⇒英雑誌nature電子版はこちらから



          

>>戻る


Copyright(c) 2005 Kochi Medical School all rights reserved.
医学科 看護学科