Google
HOME 医学部紹介 学 部 大学院 附属施設 入試情報 キャンパスライフ
HOME > 災害・救急医療学講座を設置しました
 お知らせ

災害・救急医療学講座を設置しました


 当講座は、高知県における災害医療、救急医療の発展のために県の寄付講座として新たに設置されました。具体的には、①来るべき南海地震に対する医療面での備え、②卒前卒後教育における災害・救急医療教育の充実、③附属病院における日常的な救急診療の拡充、④救急医の養成と地域医療への貢献、などがその使命です。
 来たる南海地震では、高知市内の医療機関が長期間機能不全に陥る可能性があります。その際には附属病院の果たすべき役割が非常に大きくなります。震災の急性期には、県外から参集したDMAT(災害派遣医療チーム)と協力して重症患者を県外に搬送する広域医療搬送の拠点(Staging Care Unit:SCU)として、そして被災地域の避難所等における医療活動の拠点として機能しなくてはなりません。震災後に高知市内が長期に浸水し医療機関の復旧が遅れれば、平時にこれらの医療機関が担っていた救急需要の相当部分を附属病院が長期に担うという状況が生じます。
 震災時にこのような役割を果たすには、日常的な救急診療実績の裏づけが望まれます。現在、他の医療機関からの紹介患者様や周産期救急、小児救急、急性心筋梗塞、急性呼吸不全、院外心肺停止(CPA)、など、主に内因性の救急患者様に対応しています。
 当講座は教官1名の体制で産声をあげましたが、院内関連各科、各部署と連携・協力して、県民の安心・安全に貢献できる講座に成長していきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

                         災害・救急医療学講座
                          特任教授 長野 修





>>戻る


Copyright(c) 2005 Kochi Medical School all rights reserved.
医学科 看護学科