R-Query FAQ

Q1:自分で作成した研究デザインを下にデータを取ったが, 解析手法(数値要約, 図表化, 検定手法など)が妥当かどうか知りたいのですが?

お話をお聞きして研究者の方に解析手法の提案をさせて頂きます. 統計とデータの取り方の本や資料等を紹介させて頂くのみの場合がございますがご容赦下さい.

Q2:自分で作成した研究デザインを下にデータを取ったが, 解析(数値要約, 図表化, 検定手法など)して欲しい.

お話をお聞きして研究者の方に解析手法の提案をさせて頂きます. その上で, 研究者の方の同意の下, 作業工程を見積もり, 作業にかかる費用などを提示させて頂きます. その契約を結んだ上で, 作業に入らせて頂きます. お取りになられたデータによっては統計とデータの取り方の本や資料等を紹介させて頂くのみの場合がございますがご容赦下さい.
Fisherは次のように述べている.
「同じだけの時間と労力をかけたとしてもデータ収集の過程、または実験計画を厳密に検討しているか否かによって、得られる収穫は10倍から12倍にもなる。実験終了後に統計学者に相談を持ちかけるのは、統計学者に死後診察を行ってくださいと頼むようなものである。統計学者はおそらく何が原因で実験が失敗したかという実験の死因について意見を述べてくれるだけであろう」

Q3:クリニカルクエッション, リサーチクエッションの段階であるが, データ収集の前の研究デザインの段階から相談したい.

お話をお聞きして研究者の方に検証または探索的に知りたい結果を議論します. その結果のために行うべき統計手法を仮定しながらその研究で必要とされるデータの質を満たすためのデータの取り方をその取得の倫理性や実行可能性なども加味して研究デザインを磨き上げて決定したいと思います.

 

臨床研究相談システム R-Query 2.0
 「クイック相談」よりご相談ください(2014.10.17 開設)
 ※相談後の進捗状況は、ログイン後のステータスで確認できます。