高知大学 実験実習機器施設/RI実験施設

画像分析(生化学系)

二次元電気泳動画像解析システム(GE-Healthcare、Image Master 2D Plutinum)

担当:森澤(PHS:36735)
plutinum

SDS電気泳動ゲルのスキャナーおよび泳動画像の解析ソフト。 スキャナーは一次元、2次元泳動共に対応しており、TIFFなどで持って帰ることができる。 解析ソフトは2次元電気泳動画像の解析に適している。

設置場所:遠心機室(451)

電気泳動ゲル撮影装置(UVP社製BioDoc-It Imageing System)

担当:森澤(PHS:36735)

EtBr染色のゲルを撮影する装置。

設置場所:分光分析室(552)

LAS4000miniEPUV(FUJI FILM社製)

担当:森澤(PHS:36736)
LAS4000

化学発光、蛍光サンプルを検出するとともに、デジタル画像として、画像処理や定量解析をすることができる。また、白色光によるデジタイズも可能。

画像取り込み用のPCでも解析はできるが、後に予約の入っている時や、解析に時間がかかりそうな時は解析専用のPCにて行うこととなっている。

設置場所:分光分析室(552)

Image analyzer(AIC Epi Light UV FA1100)

担当:森澤(PHS:36735)

核酸などの電気泳動ゲルの撮影ができる。 CCDカメラからの画像をビデオプリンターでプリントアウトできる。

設置場所:分光分析室(552)

近赤外蛍光イメージャー“ODYSSEY CLx”

担当:森澤(PHS:36735)

ODYSSEY ウェスタンブロッティングのメンブレンおよび泳動ゲルの蛍光検出を行うための装置です。

設置場所:遠心機室(451)

タイムラプスイメージング装置

担当:矢生(PHS:36737)

FACScan インキュベーター、顕微鏡、冷却カメラ、コンピュータ等で構成される。暗室不要でタイムラプス観察/解析可能。

設置場所:液クロ室(452)

このページの先頭へ