高知大学 実験実習機器施設/RI実験施設

蛋白質・核酸分離精製(生化学系)

液体クロマトグラフィー(HPLC)

1 蛋白質・核酸分離分析システム(Pharmacia SMART system)

担当:森澤(PHS:36735)

SMART system この装置はタンパク質、核酸の微量(μg~ng単位)での分析や精製ができる高感度の液クロシステムです。

微量サンプルを分析するために、デッドボリュームが小さく、高感度3波長同時検出、 5μlからの微量分画、温度制御などが可能なシステムになっています。

設置場所:液クロ室(452)

2 高速液体クロマトグラフィー(JASCO PU-980)

担当:森澤(PHS:36735)

JASCO オートサンプラー、蛍光検出器、UV検出器、電気化学検出器。

設置場所:液クロ室(452)

3 蛋白質分離精製システム(AKTA prime アムシャムファルマシア)

担当:森澤(PHS:36735)
HPLC AKTA prime

主にタンパク精製用である。有機溶媒耐性ではないので逆相カラムには適していない。

設置場所:液クロ室(452)

等電点電気泳動装置(アムシャムファルマシアバイオテク)

担当:森澤(PHS:36735)
2次元電気泳動

7cm, 11cm, 13cm, 18cm のゲルホルダー有り. 約12時間で等電点電気泳動することが出来る

設置場所:液クロ室(452)

Profinia システム

担当:都留(PHS:36739)

Profinia Profinia タンパク質精製システムは His-タグ、GST-タグ付タンパク質および抗体を自動的に精製するための装置で、 簡単で初心者でもすぐに使えるように設計されています。

変性状態で抽出したHis-tag融合タンパク質の精製は、受託業務としてお引き受け出来ますので、ご希望の場合は担当者までご連絡下さい。

設置場所:遺伝子解析室(551)

このページの先頭へ