高知大学 実験実習機器施設/RI実験施設

試料抽出(生化学系)

ビーズ式ホモジナイザー(Bertin社製 PRECELLYS Evolution) 新機器

担当:森澤(PHS:36735)

09_precellys 動物/植物/微生物の組織や細胞などの生体試料を強力に破砕/粉砕/溶解するビーズ式ホモジナイザーです。 今まで、破砕が困難であった試料も破砕可能で、通常の試料も短時間での抽出が可能です。セラミック製/スチール製/ガラス製のグラインディングビーズ入りのバイアルに、試料とバッファーを入れて装置にセットします。専用の0.5 mLまたは 2 mL バイアルを24本セットすることができます。

設置場所:遠心機室(451)

ミキサーミル(MM300)

担当:森澤(PHS:36735)

09_MM300 振とうにより組織、細胞を破砕する装置である。2ml丸底チューブのみ使用できる。 チューブにサンプルとジルコニアボールを入れ、振とうすることにより、すりつぶされる。

設置場所:遠心機室(451)

Homogenizer(ポリトロンPT7K)

担当:森澤(PHS:36735)

  組織をシャフトの回転で破砕する装置である。シャフトは下記の3本が用意されている。

設置場所:遠心機室(451)

細胞破砕機(Sonicator)

1ソニケーター(コスモバイオ)

担当:片岡(PHS:36733)

超音波で細胞を破砕する装置である。

設置場所:第4バイオハザード室(703)

2ソニケーター(astrason 3000)

担当:森澤(PHS:36735)

Sonicator 超音波細胞破砕装置、20KHz, 200W。ノーマルチップとマイクロチップあり

設置場所:遠心機室(451)

このページの先頭へ