高知大学 実験実習機器施設/RI実験施設

細胞分離分析(免疫系)

フローサイトメーター(BD LSRFortessa X-20)

担当:片岡(PHS:36733)、近藤 (PHS:36732)

Attune 細胞自動解析装置。従来機より高感度であり、3台のレーザーを搭載し、同時に11種類の蛍光を測定可能。自動蛍光補正機能を有している。

レーザー: Blue laser/488 nm,
Red laser/640 nm,
Violet laser/405 nm
測定パラメータ: 13パラメーター同時取得(蛍光11、散乱光2)
サンプル流速: 6-120/min
測定粒子可能サイズ: 0.5-50μm
最大測定速度: 40,000event/sec
出力可能ファイル形式: FCS3.0, PDF
コンピューター: Windows XP
設置場所:第4バイオハザード室 (703)

フローサイトメーター(Applied Biosystems Attune Acoustic Focusing Cytometer)

担当:片岡(PHS:36733)

Attune   細胞自動解析装置。流路系にアコースティックフォーカシングの原理を採用したフローサイトメーター。2つのレーザーと6つの蛍光検出器が搭載されている。

> 利用料金について(別画面)

レーザー: 青色レーザー/488nm, 赤色レーザー/638nm
測定パラメータ: 8パラメーター同時取得(蛍光6、散乱光2)
サンプル流速: 25~1,000μl/min
測定粒子可能サイズ: 1~45μm
最大測定速度: 20,000event/sec
出力可能ファイル形式: FCS3.0, PDF
設置場所:第1免疫室(751)

フローサイトメーター (BECTON DICKINSON FACScan)

担当:片岡(PHS:36733)

FACScan 細胞自動解析装置。 蛍光標識した細胞を高速で流し、レーザー光を当て、生じた散乱光と蛍光から細胞表面抗原の解析等を行う。データ解析用コンピュータは Power Macintosh G4 で、解析データを他のマッキントッシュ用ソフトで処理、利用できる。

01_cell.html
レーザー: 空冷アルゴンレーザー/488nm
測定速度: 10,000細胞/秒
測定パラメータ: 5パラメータ 同時取得:
前方散乱光、側方散乱光、緑色蛍光、オレンジ蛍光、赤色蛍光
フローセル: 角形クォーツキュベット
内径430×180μm
コンピュータ: PowerMac G4
設置場所:第1免疫室(751)

フローサイトメーター (BECTON DICKINSON FACScalibur)

担当:片岡(PHS:36733)

FACScan 細胞自動解析装置。 蛍光標識した細胞を高速で流し、レーザー光を当て、生じた散乱光と蛍光から細胞表面抗原の解析等を行う。 データ解析用コンピュータは Power Macintosh G5 で、解析データを他のマッキントッシュ用ソフトで処理、利用できる。

レーザー: 空冷アルゴンレーザー/488nm
測定速度: 10,000細胞/秒
測定パラメータ: 5パラメータ 同時取得:
前方散乱光、側方散乱光、緑色蛍光、オレンジ蛍光、赤色蛍光
フローセル: 角形クォーツキュベット
内径430×180μm
コンピュータ: PowerMac G5
設置場所:第1免疫室(751)

フローサイトメトリー解析ソフトFlowJo (TREE STAR)

担当:片岡(PHS:36733)

FCSファイルの解析ができる。

設置場所:光顕室(252)

セルソーター(BECTON DICKINSON FACSAria II)

担当:近藤(PHS:36732)、片岡(PHS:36733)

FACSAria 細胞自動分離解析装置。4種類のレーザーを搭載し、同時に9種類の蛍光を測定可能。自動蛍光補正機能を有している。

レーザー: Blue laser/488 nm, Red laser/633 nm, Violet laser/405 nm, Near UV/375 nm
測定パラメータ: 11パラメーター同時取得(蛍光9、散乱光2)
測定粒子可能サイズ: 0.5-30 μm
最大分取速度: 30,000 event/sec
サンプルソーティング方法: 最大4方向、1.5, 5, 15 mlチューブ、96 well plate
出力可能ファイル形式: FCS3.0,PDF
コンピュータ: Windows XP
設置場所:第4バイオハザード(703)

MACS 免疫磁気ビーズ細胞分離システム (Miltenyi Biotec)

担当:片岡(PHS:36733)

モノクロナール抗体と磁気ビーズで反応させた細胞を強力な磁界中にセットされた分離カラムに通過させて細胞を分離するシステム。

設置場所:第1免疫室(751)

このページの先頭へ