高知大学 実験実習機器施設/RI実験施設

光学顕微鏡(形態系)

オールインワン蛍光顕微鏡 BZ-9000

担当:矢生(PHS:36737)

 対物レンズやフィルタの切り替え、焦点調節、試料移動等ほぼ全ての操作をモニター上で行います。 筐体にブラックスペースを内蔵しているので、明るい部屋での蛍光試料観察が可能です。 また、明視野観察や位相差観察も可能です。

注)画像データの取出しはCD、DVDで行ってください。タイムラプスは対応していません。 機器施設HPからの予約制。

対物レンズ:
 2x, 10x, 20x(位相差), 40x, 100x(油浸)、デジタルズーム有り
蛍光フィルタ(励起波長,吸収波長,ダイクロイックミラー波長):
DAPI-B (360/40, 460/50, 400nm)
GFP-B (470/40, 535/50, 495nm)
TexasRed (560/40, 630/60, 595nm)
光源ランプ:
12V 100Wハロゲン(明視野用)、120W 超高圧水銀ランプ(蛍光励起用)
冷却型モノクロCCD(2/3インチ 150万画素)、液晶フィルタでカラー化
画像取得:
シングル、マルチカラー、Zスタック
画像処理・計測:
ヘイズリダクション(画像ボケ除去)、オーバーレイ、クイックフルフォーカス、  自動イメージジョイント、セルカウント機能など

プレパラート・プラスチックシャーレ・マルチウェルプレート・ガラスボトムディッシュなどの標本に対応しています。

設置場所:光顕室(252)

万能写真顕微鏡アキシオフォト(カールツァイス FL)

担当:矢生(PHS:36737)

明視野、暗視野、位相差、偏光、微分干渉コントラストや、落射蛍光での観察、撮影が可能である。 落射蛍光は、下記の表のフィルターが備わっている。2つの小型カメラカセツトにて交互に撮影が可能。

《対物レンズ》

 Plan apo x5, x10, x20, x40 (油), x63 (油), x100 (油)
 Plan Neofluar x1.25, x2.5, x5, x5 (ph1), x10, x10 (ph1), x20, x20 (ph2),x40, x40 (ph2), x100 (油), x100 (油 ph3)

No 励起光 励起フィルター ダイクロイックミラー カットフィルター
01 Ultra VioletH365 SB365/12 FT395 LP397
10 Blue SD BP450-490 FT510 BP515-565
15 Green BP546/12 FT580 LP590
XF101 Green BP545/12 FT560 LP565
XF53 Dual dyeset for FITC & TEXSRED
設置場所:光顕室(252)

顕微鏡用冷却CCDカラーカメラ(キーエンス VB-7000)

担当:矢生(PHS:36737)

Axio+VB7800  VB-7000は、CCD感度が向上し、特にプレビュー画像が、 ほぼリアルタイムに表示され(プレビュー超高速モード時)、 位置合せやフォーカス合せが違和感無く出来るようになりました。 また、観察可能な「暗さ」の蛍光像でも、ノイズの少ない画像の取り込みが可能になりました。 機能としては、取り込んだ画像-透過像+蛍光像または蛍光像+蛍光像-を重ね合わせるマージ機能、 厚い試料でも全体にピントが合った画像を合成することができるフルフォーカス機能や、 最大7.5フレーム/秒(640×480ピクセル)で動画を撮影する機能があります。

設置場所:光顕室(252)

実体蛍光顕微鏡(ライカ MZ16FA)+冷却カラーデジタルカメラ(ライカ DC500)

担当:矢生(PHS:36737)

Leica_MZ16FA.jpg ライカ MZ16FAは、フル電動、アポクロマート光学系、最大ズーム比16:1、 最高総合倍率115倍(x1対物レンズ倍時)の実体蛍光顕微鏡である。ズーミング、 フォーカス合わせ、フィルター切り替え、蛍光シャッターの開閉、 ダブルアイリス絞りによる焦点深度調節が、全て電動キータッチで行なえる。 また、通常観察用にWアーム落射照明装置や、ポジ・反転ネガ・レリーフコントラストの 3つのモードで観察できる透過光ベースが装備されている。  撮影装置には、冷却カラーデジタルカメラ DC500(Windows用)装備され、 最大1200万画素での撮影が可能である。

観察倍率:
7.1~115倍(1x対物レンズ使用時)
4.5~72.5倍(0.63x対物レンズ使用時)
対物レンズ:
1x、0.63x
蛍光フィルター:
UV, GFP Plus, Texas Red
  励起フィルター 吸収フィルター
UV 360/40nm(340~380nm) 510nm
GFP Plus 480/40nm(460~500nm) 420nm
Texas Red 560/40nm(540~580nm) 610nm
設置場所:光顕室(252)

倒立蛍光顕微鏡(ニコン DIAPHOT-TMD)+ CCDカメラ(島津理科 Moticam2000)

担当:矢生(PHS:36737)
Nikon DIAPHOT-TMD

明視野、位相差や蛍光での観察やMoticam2000での画像の取り込みが可能である。 蛍光は、FITC用フィルターが装備されている。

《対物レンズ》

Plan 10xDL(ph1), 20xDL(ph2), 40xDL(ph3)
Flou 10x, 20x
設置場所:第2電顕室(152)

このページの先頭へ