2015年

12/21
当教室の清水翔吾助教が平成27年度高知大学若手教員研究優秀賞を受賞しました。

12/3
11月30日より中華人民共和国 昆明医科大学薬学院薬学科卒業の劉南希さんが研究生 として留学してきました。

鳥取大学医学部泌尿器科より国内留学していた川本文弥先生の論文が Life Sciences 誌(IF 2.702)に採択されました。

11/24
第68回日本薬理学会西南部会にて、清水翔吾先生、東先生、中村さん、新武さんが発表されました。

11/17
国内留学に来られていた川本文弥先生が第67回西日本泌尿器科学会総会で発表されました。
ヤング ウロロジスト リサーチ コンテスト には、14演題(腫瘍12題、感染症1題、排尿障害1題)あり、 最優秀演題賞、優秀演題賞がそれぞれ1題、奨励賞に選ばれました。





10/2(3)
齊藤源顕教授の提案研究がアステラス アカデミックサポートに採択されました。

10/2
第2回高知排尿薬理研究会を10月1日ホテル日航高知旭ロイヤルにて開催しました。一 般演題を高知大学医学部泌尿器科・山崎一郎先生、特別講演を獨協医科大学越谷病院 泌尿器科主任教授・岡田弘先生が行いました。


9/29
齊藤源顕教授が9月27日、ひめぎんホールにて開催された、第14回瀬戸内国際臨床試験カンファレンスにて、 「骨盤内血流と過活動膀胱」について講演を行いました。

9/25
齊藤源顕教授の提案研究が中外製薬株式会社に採択されました。

8/27
清水孝洋准教授が7月23日、京王プラザホテルにて開催された、公益財団法人 喫煙化学研究財団 平成26年度助成研究発表会にて、 「ニコチンによる中枢性副腎髄質系賦活における脳内一酸化窒素の役割」について発表しました。

8/21
ファイザー株式会社『アカデミック・コントリビューション』(研究者: 齊藤源顕教授)が採択されました。

7/7
齊藤教授が7月4-5日、東京カンファレンスホール有明にて開催された第9回下部尿路機能 先端教育セミナーにてプログラム委員・座長と教育講演4「実臨床をどのように研究テー マとするか?」を行いました。

5/22
今秋、カナダモントリオールで開催される国際禁制学会の演題採択の発表がありまし た。当教室からポディウム1題、ポディウム・ポスター3題、ポディウム・ショート・ オーラル2題、オープン・ディスカッション・ポスター2題の合計8演題が採択されまし た。
[国際禁制学会2015]

5/16
清水孝洋准教授と清水翔吾助教が第110回米国泌尿器科学会総会(AUA2015)にて発表しました(Moderated postar)。

4/23
第103回日本泌尿器科学会総会にて清水翔吾先生が口頭発表しました。

4/3(2)
当教室の清水准教授が筆頭著者の 「Possible inhibitory role of endogenous 2-arachidonoylglycerol as an endocannabinoid in (±)-epibatidine-induced activation of central adrenomedullary outflow in the rat」という論文がNeuropharmacology誌 (インパクトファクター4.819)に採択されました。当医学部脳神経外科および解剖学との共同研究です。


4/3
4月2日 午後7時から高知市はりまや町のイタリアレストラン ラ・プリマボルタで薬理学教室の歓迎会を行い、盛会となりました。小児科から山本雅樹先生、脳神経外科から上羽佑亮先生、そして理学部から新武亨朗先生が当教室の研究に参加します。


4/2
今年度の科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)の採択通知があり、教官4人全員採択されました。高知大学医学部薬理学・教官は3年連続全員の採択となりました。

新規 齊藤源顕教授(挑戦的萌芽)、東洋一郎講師(基盤C)
継続 清水孝洋准教授(基盤C)、清水翔吾助教(若手B)


2/26
鳥取大学医学部から国内留学の川本文弥先生の送別会を高知市はりまや町のおらんく家本店にて開催しました。



1/19
齊藤教授が2015年1月17-18日東京で開催された第17回UTPシンポジウムで講演を行いま した。
膀胱虚血と膀胱機能障害(総論)

1/13
今年5月15日から19日まで米国ルイジアナ州ニューオリンズで開催される第110回米国泌尿器科学会総会(AUA2015)において、当教室から4演題が採択されました。

Shimizu T, Shimizu S, Nakamura K, Honda M, Inoue K, Saito M: Hydrogen sulfide is a potent relaxing factor in the rat bladder and prostate

Shimizu S, Tsounapi P, Shimizu T, Higashi Y, Nakamura K, Holmstrom F, Honda M, Inoue K, Saito M: Selective α1A-adrenoceptor blocker silodosin ameliorates ventral prostatic enlargement in the spontaneously hypertensive rat : possible role of the prostatic blood flow

Tsounapi P, Honda M, Dimitriadis F, Shimizu S, Iguchi M, Imanishi M, Matsunaga S, Kawamoto B, Hikita K, Muraoka K, Sejima T, Saito M, Sofikitis N, Tomita S, Takenaka A: Antioxidants administration managed to rescue testicular cells’ DNA oxidative damage and apoptosis bilaterally, in the unilaterally cryptorchidized rat model

Tsounapi P, Honda M, Dimitriadis F, Shimizu S, Iguchi M, Imanishi M, Matsunaga S, Kawamoto B, Hikita K, Muraoka K, Sejima T, Saito M, Sofikitis N, Tomita S, Takenaka A: The Diabetes Mellitus-induced dysfunction on Seminal Vesicles and Vas Deferens in the rat model

MENU