〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮
☎088-880-2307

生理学講座のホームページへようこそ

概要

 脳はとても複雑な臓器ですが、動物が環境に応じて行動し生存機会を高めるために進化を遂げてきました。動物が日々変化する環境をどのように知って適切な行動を選択するかを理解することは、脳の本質に迫る重要なアプローチです。
 私たちは、動物が「どのように外界を知るのか」という感覚系の働き、「どのように行動を選択するのか」という行動系の働き、そしてこれらが「状況に対応してどのように変化するのか」という脳の可塑性機構に、嗅覚系を主なモデル系として取り組んでいます。嗅覚系は我々の感情、情動を動かして、行動を左右する根源的な感覚です。この系の持つ潜在能力を最大限に生かし、環境に応じて行動を選択する脳の可塑性機構や感情、情動、個体間の絆など心のメカニズムの解明を目指しています。生きた個体や脳スライスの電気生理学的解析、イメージング、光・化学遺伝学、組織・分子レベルの解析など、幅広い手法を駆使しています。

INFORMATION

2017/3/15 理化学研究所脳科学総合研究センター シニアチームリーダー 吉原良浩先生をお招きし、大学院
セミナーを行っていただきました。
2017/2/23 第16回KMS (Kochi Medical School) Research meetingで、谷口先生が優秀賞を受賞されました。
2017/1/23 大学院生 沖田学さんの論文がBrain and Cognitionにアクセプトされました!
2017/1/22 大学院生 海部忍さんの論文がJournal of Clinical Neuroscienceにアクセプトされました!
2017/01/06 大学院生 Tong Jiaさんの論文がNeuroscienceにアクセプトされました!
2016/12/26 出来事を更新しました。
2016/11/07 大学院生 難波利治さんが日本生理学会中国四国地方会で奨励賞を受賞しました!
2016/10/26 東京大学名誉教授 森憲作先生をお招きし、大学院セミナーを行っていただきました。
2016/09/29 大学院生 難波利治さんの論文がNeuroscience Letters にアクセプトされました!
2016/06/24 ホームページを更新しました。