高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*入局後の進路/選択について

病院当内科における2年間の初期研修終了後、卒後3年目以降の進路としては、

  1. 関連病院で臨床研修を行う
  2. 附属医員として臨床研修を行う(希望があれば研究活動にも参加できます)
  3. 大学院一般入学又は社会人入学(臨床と研究の両立)を行い学位取得する

の3通りがあります。当科では各個人の状況、希望に応じ、進路の変更も行っています。

また、その後は関連病院での勤務、大学での臨床・研究活動の継続、国内外への留学など多彩な選択肢があります。



*内分泌代謝・腎臓内科は、腎臓病、糖尿病、膠原病、内分泌疾患などの幅広い疾患を専門としています。これら多様な疾患に対する問題点を自ら抽出、整理し、解決していくことのできる臨床医を育成します。

*当内科大学院は臨床系の大学院になります。臨床研究・臨床技術系として位置づけられ、臨床技術の体系的な教育・研修プログラムを基盤とし、リサーチマインドのある専門医を育成します。

*研究に従事し学位を取得することにより探究心に富む臨床医となることができます。また、国内外での学会活動も盛んです。海外学会参加や留学により視野をグローバルに広げることもできます。

*日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、日本腎臓学会専門医、日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会内分泌代謝専門医、日本リウマチ学会専門医、日本甲状腺学会専門医、日本臨床遺伝学会専門医の教育施設に認定されています。学会入会後、当科での指定年数の研修によりこれらの専門医資格の取得が可能になります。


*女性医師の皆様へ

当科の専門分野は内科分野の中でも、女性医師が男性医師と対等に仕事をし、第一線で活躍されていることが多い分野ではないでしょうか。

また、将来的に環境の変化(結婚、出産、育児など)があった際にも継続して勤務したり、勤務形態を変更できる内科領域ではないでしょうか。

当科では女性医師も多く、女性医師のキャリア育成をサポートします。

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ