高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*入局のご案内

 内分泌代謝・腎臓内科学(旧第二内科学)教室は1978年に初代教授大野文俊先生により開講され、“診療レベルを向上させ治療に還元しうる臨床研究を志向する”ことを方針に教室員を指導されました。1991年より橋本浩三教授が就任され、初代教授の方針を継続しつつ、専門分野の内分泌・代謝疾患の診療と研究を充実させられました。さらに、2008年4月には腎臓病学のプロフェッショナルである寺田典生教授が就任され、同分野の診療・研究レベルの向上に着手されています。すなわち、現在当教室では、内分泌、糖尿病・代謝、腎・膠原病グループを教室の3本柱とし、それぞれが専門性を持ちながら診療・研究にあたっています。

 当教室の指導方針は、内科学一般を広く学び、一般内科医としての総合的考察力を身に付けた上で、教室の専門分野である内分泌、糖尿病・代謝、腎臓、膠原病などの専門的知識を習得することを基本としています。医療の専門化・細分化が進み、その弊害として“患者さんに人として接することができない”医師が増えてきていることより、指導の基本は患者さんを全人格的に診療できる医師を育てることにあると考えています。


 現在、社会的に問題になっている糖尿病、高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドロームといった生活習慣病は、当科の専門領域です。このようなcommon diseaseから内分泌疾患、腎疾患、膠原病といった専門性の高い疾患まで広い分野の疾患を対象としており、これらの分野における専門医の主要育成機関であると評価されています。臨床期間を通じて、総合内科専門医のみならず糖尿病学会認定専門医、内分泌代謝科専門医、甲状腺学会専門医、腎臓学会専門医、リウマチ学会専門医の資格を取得できるように配慮しています。また、可能な限り基礎・臨床研究に従事し、学位を取得することをすすめています。

 当教室は関連病院も多く、研修実績も高く評価して頂いていることより需要が高く、多くの若い力を必要としております。是非、意欲のある元気な方々に多数入局して頂き、当科の理念にもとづき、臨床や研究に活躍して頂きたいと願っています。

*お問い合わせ先

 〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮
 高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科学講座
 医局長 西山 充

  
  Tel. 088-880-2343 Fax. 088-880-2344

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ