高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*平成26年業績

平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度
平成19年度平成18年度

[1]著書

  1. 井上紘輔,寺田典生:1 急性尿細管間質性腎炎. 腎疾患・透析最新の治療2014-2016・Ⅲ 治療方針・治療法/E 尿細管疾患,pp207-210. 南江堂
  2. 藤本新平:インスリン分泌.糖尿病の分子標的と治療薬事典(綿田浩孝、松本道宏編)序論1pp27-31,羊土社.
  3. 藤本新平:膵β細胞におけるWarburg効果とインスリン分泌.糖尿病学2014,門脇孝編集pp1~7,診断と治療社,2014
  4. 寺田典生,那須佳津美:第7章 腎・泌尿器系 54 血尿.第2版 症状別看護過程,井上智子/稲瀬直彦編集pp922-927,医学書院,2014
  5. 高田浩史,藤本新平:インクレチン製剤による膵β細胞保護作用の可能性、血管医学15(4):407-412,2014.

[2]総説・解説

  1. 寺田典生,井下聖司,吉村和修,安達 進,島村芳子:急性腎障害:診断と治療の進歩.特集 急性腎障害:診断と治療の進歩 座談会 日本内科学会雑誌103:1153-1169,2014.
  2. 平野世紀,藤本新平:SGLT2阻害薬 第1回 SGLTと腎臓における糖再吸収機構 プラクティス 31(1): 27-29,2014.
  3. 西勇一,藤本新平:SGLT2阻害薬 第2回 SGLT2阻害薬とは? プラクティス 31(2): 156-158,2014.
  4. 近江訓子,藤本新平:SGLT2阻害薬.第3回SGLT2阻害薬の有効性と安全性 プラクティス 31(3),299-301, 2014.
  5. 堀野太郎,寺田典生:Ⅱ.疫学と病態.特集 急性腎障害:診断と治療の進歩 日本内科学会雑誌 103:2014.
  6. 堀野太郎:AKIガイドライン 腎・高血圧の最新治療 3(2):107,2014.
  7. 堀野太郎,寺田典生:急性腎障害(AKI)の診断と治療 週刊医学のあゆみ Vol.249(9)737-742,2014.
  8. 寺田典生:慢性腎臓病(CKD)患者における血清遊離型αKlothoおよびFGF23濃度測定による骨粗鬆症の発症リスクと生命予後予測の試み Osteoporosis Japan 第9回(平成25年度)リリー研究助成成果報告 Vol.22(3)564-569,2014.
  9. 谷口義典、寺田典生:Barter症候群とGitelman症候群の違いは?.内分泌代謝疾患クリニカルクエスチョン100:134-135,2014.
  10. 大出(濵田)佳寿,谷口義典,島村芳子,松本竜季,緒方巧二,井上紘輔,堀野太郎,寺田典生:高血圧と(プロ)レニン受容体.循環器内科 76(4):410-413,2014.
  11. 藤本新平:酸化ストレスと膵β細胞インスリン分泌、内分泌・糖尿病・代謝内科 39(2):160-166,2014.
  12. 高田浩史,藤本新平:インクレチン製剤による膵β細胞保護作用の可能性、血管医学15(4):407-412,2014.
  13. 平野世紀,藤本新平:血糖依存性にインスリン分泌を促進する薬剤開発にむけて.特集 糖尿病治療の進歩 細胞 46(12):581-584,2014.
  14. 西山 充:Cushing病、内科疾患最新の治療 明日への指針、内科 増大号113(6):1580-1581, 2014
  15. 西山 充:汎下垂体機能不全、内科疾患最新の治療 明日への指針、内科 増大号113(6):1582-1583, 2014

[3]原著・症例報告

  1. Taniguchi Y, Nakayama S, Terada Y. Clinical implication of FDG-PET/CT in monitoring disease activity in large-vessel giant cell arteritis linked with secondary polymyalgia rheumatica. Case Reports in Internal Medicine 2014, 1:6-9
  2. Taniguchi Y, Shimamura Y, Horino T, Fujimoto S, Terada Y. Serum levels of soluble urokinase plasminogen activator receptor in Japanese patients with chronic kidney disease. Kidney Int 2014, 86:209-210
  3. Ode K, Taniguchi Y, Kumon Y, Terada Y. High-dose intravenous immunoglobulin therapy induces and maintains complete remission for polyarteritis nodosa. Case Reports in Internal Medicine 2014, 1:13-16
  4. Taguchi T, Inoue K, Terada Y. Concentric-ring sing in adrenal hemorrhage.Endocrine 2014. 47:965-6
  5. Taguchi T, Terada Y. Images in clinical medicine. Subperiosteal bone resorption. N Engl J Med 2014, 21;370:e32
  6. Taniguchi Y, Ogata K, Shimamura Y, Horino T, Fujimoto S, Terada Y. Splenic lesion of IgG4-related disease in FDG-PET/CT. Case Reports in Internal Medicine 2014, 1:150-152
  7. Taniguchi Y, Matsumoto T, Tsugita M, Fujimoto S, Terada Y. Spondylodiscitis and Achilles tendonitis due to gout. Mod Rheumatol 2014, 24:1026-1027
  8. Kuroda N, Nao T, Fukuhara H, Karashima T, Inoue K, Taniguchi Y, Takeuchi M, Zen Y, Sato Y, Notohara K, Yoshino T. IgG4-related renal disease: clinical and pathological characteristics. Int J Clin Exp Pathol 2014, 7:6379-6385
  9. Fukuhara H, Taniguchi Y, Matsumoto M, Kuroda N, Fukata S, Inoue K, Fujimoto S, Terada Y, Shuin T. IgG4-related tubulointerstitial nephritis accompanied with cystic formation. BMC Urol 2014, 14:54
  10. Karashima T, Taniguchi Y, Shimamoto T, Nao T, Nishikawa H, Fukata S, Kamada M, Inoue K, Oko K, Nakajima H, Sano S, Matsumoto M, Kuroda N, Kamei Y, Shuin T. IgG4-related disease of the paratestis in a patient with Wells syndrome: a case report. Diagn Pathol 2014, 9:225
  11. Ode K,Taniguchi Y,Kimata T,Kawaguchi Y,Shimamura Y,Kuwana M,Fujimoto S,Terada Y:High-dose intravenous immunoglobulin therapy for rapidly progressive interstitial pneumonitis accompanied by anti-melanoma differentiation-associated gene 5 antibody-positive amyopathic dermatomyositis.Eur J Rheumatol 2014.10,10,2014.
  12. 谷口義典,辛島尚,井上紘輔,吉永泰彦,有井薫,公文義雄,小林茂人,執印太郎,藤本新平,寺田典生:膀胱癌患者におけるBCG膀胱内注入療法後反応性関節炎の後ろ向き調査.日本脊椎関節炎学会誌 6:55-60, 2014.
  13. 西山 充、岡崎瑞穂、中山修一、次田 誠、田口崇文、岩崎泰正、福原紀章、西岡 宏、山田正三、井下尚子、寺田典生:嚢胞性下垂体腺腫によるクッシング病の1例.ACTH Related Peptide 25:68-70, 2014.

[4]その他

  1. 藤本新平:「絆」としての糖尿病療養指導士、月刊糖尿病ライフさかえ10:1,2014.
  2. 藤本新平:「ちっくと教えて」血糖値薬 飲み続けないと駄目? 高知新聞,2014.9.19

研究助成金

  1. 寺田典生:文部科学省 科学研究費 挑戦的萌芽研究 平成27年度-平成29年度
    「急性腎障害でのミトコンドリアとインフラマゾームの調整による新規治療法の開発」
  2. 藤本新平:文部科学省 科学研究費 基盤研究(C)平成26年度-平成28年度
    「グルココルチコイドによる耐糖能障害におけるTBP-2の役割の解明」
  3. 堀野太郎:文部科学省 科学研究費 基盤研究(C)平成26年度-平成28年度
    「エクソソーム内microRNAを活用した次世代腎臓病バイオマーカーと治療法」
  4. 田口崇文:文部科学省 科学研究費 若手研究(B)平成25年度-平成27年度
    「甲状腺癌細胞における細胞内エネルギー/糖代謝調節機構の解明と抗癌治療戦略の構築」
  5. 次田 誠:文部科学省 科学研究費 若手研究(B)平成27年度-平成29年度
    「サイログロブリン遺伝子異常症の臨床像および甲状腺癌発症メカニズムの解明」
  6. 谷口義典:文部科学省 科学研究費 若手研究(B)平成26年度-平成28年度
    「IGg4関連疾患の新規治療法の確立、病態解明、その腫瘍化の検討」
  7. 中山修一:文部科学省 科学研究費 若手研究(B)平成27年度-平成29年度
    「視床下部Agouti関連蛋白のクッシング症候群における役割の解明」
  8. 緒方巧二:文部科学省 科学研究費 若手研究(B)平成26年度-平成28年度
    「急性腎障害のミトコンドリア機能保護とマイトファジーによる新規治療法の開発」


内分泌グループへ腎臓・膠原病グループへ糖糖尿病・代謝グループへ 業績案内へ

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ