高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*平成21年業績

平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度
平成19年度平成18年度

[1]著書

  1. 堀野太郎, 寺田典生. 電解質異常. 高・低Na血症, 高・低Cl血症. 専門医のための腎臓病学 第2版:115-121, 内山 聖, 富野康日己, 今井裕一 編. 医学書院 2009.
  2. 堀野太郎, 寺田典生. 電解質異常. 高ナトリウム血症. 輸液療法パーフェクト:105-109, 飯野靖彦 編. 羊土社 2009.
  3. 香川 亨, 寺田典生. Bartter症候群. 内分泌代謝専門医ガイドブック:236-238, 成瀬光栄,平田結喜緒,島津 章 編. 診断と治療社 2009.
  4. 西山 充:内科学総論,臨床症状.肥満,やせ.内科学書 改訂第7版 (vol.1):294-296,伴 信太朗,山本和利 編.中山書店 2009.

[2]総説・解説

  1. 森田達仁,寺田典生:酸塩基平衡(産生量,肺・腎での調節,腎のトランスポーターなど).綜合臨牀 58:780-784, 2009.
  2. 堀野太郎, 寺田典生. ネフローゼ症候群: 診断と治療の進歩. II. 一次性ネフローゼ症候群の病態・診断・治療. 5. メサンギウム増殖性糸球体腎炎, 管内増殖性糸球体腎炎, 半月体形成性糸球体腎炎. 日本内科学会雑誌 98:1036-1041, 2009.
  3. 堀野太郎, 寺田典生. 急性腎障害とは(特集腎疾患 - 最近の進展).セフィーロ 9:23-26, 2009.
  4. 寺田典生、徳留悟朗、下澤達雄、南学正臣、ARB大規模臨床試験からのメッセージ.血圧 16:881-887, 2009.
  5. 次田誠、岩崎泰正、寺田典生:食塩の吸収・調節と排泄、その異常.成人病と生活習慣病 第39巻 第3号別刷:233-237, 2009.
  6. 寺田典生,飯野靖彦:輸血?〜この病態に出会ったら〜第二回 水電解質異常は理詰めで解決.レジデントノート5月号Vol 11 No.2:274-277, 2009.
  7. 池田幸雄:血液・尿化学検査 免疫学的検査―その数値をどう読むか−.日本臨牀67巻.増刊号8:530-533, 2009.
  8. 西山 充,田口崇文,岩舞ラ正:クッシング病(ACTH産生下垂体腺腫)に対する薬物療法.日本内分泌学会雑誌 85:74-75, 2009.

[3]原著

  1. Tsugita M, Iwasaki Y, Nishiyama M, Taguchi T, Shinahara M, Taniguchi Y, Kambayashi M, Nishiyama A, Gomez-Sanchez CE, Terada Y, Hashimoto K. Glucocorticoid receptor plays an indispensable role in mineralocorticoid receptor-dependent transcription in GR-deficient BE(2)C and T84 cells in vitro. Mol Cell Endocrinol 302, 18-25, 2009
  2. Takata H, Ikeda Y, Suehiro T, Ishibashi A, Inoue M, Kumon Y, Terada Y:High glucose induce transactivation of the α-HS glycoprotein gene through the ERK1/2 signaling pathway.Journal of atherosclerosis and Thombosis 16, 448-456, 2009
  3. Iwasaki Y, Nishiyama M, Taguchi T, Asai M, Yoshida M, Kambayashi M, Terada Y, Hashimoto K. Insulin exhibits short-term anti-inflammatory but long-term proinflammatory effects in vitro. Mol Cell Endocrinol 298, 25-32, 2009
  4. Shinahara M, Nishiyama M, Iwasaki Y, Nakayama S, Noguchi T, Kambayashi M, Okada Y, Tuda M, Stenzel-Poore MP, Hashimoto K, Terada Y. Plasma adiponectin level is increased despite insulin resistance in corticotropin-releasing hormone transgenic mice, an animal model of Cushing syndrome. Endocr J 56, 879-886, 2009
  5. Wang Z, Iwasaki Y, Zhao LF, Nishiyama M, Taguchi T, Tsugita M, Kambayashi M, Hashimoto K, Terada Y. Hormonal regulation of glycolytic enzyme gene and pyruvate dehydrogenase dinase/phosphatase gene transcription. Endocr J 56, 1019-1030, 2009
  6. Arii K, Suehiro T, Ikeda Y, Kumon Y, Osaki F, Inoue M, Inada S, Ogami N, Takada H, Hashimoto K, Terada Y:Pitavastation induces PON1 expression through 44/42 mitogen-activated protein kinase signaling cascade in Huh7 cells. Atherosclerosis 202, 439-445, 2009
  7. Makino S, Fujiwara M, Suzukawa K, Handa H, Fujie T, Ohtaka Y, Komatsu Y, Aoki Y, Maruyama H, Terada Y, Hashimoto K, Sugimoto T:Visceral obesity is associated with the metabolic syndrome and elevated plasma retinol binding protein-4 level in obstructive sleep apnea syndrome. Horm Metab Res 41, 221-226, 2009
  8. Ikeda Y, Inoue M, Suehiro T, Arii K, Kumon Y, Hashimoto K:Low human paraoxonase predicts cardiovascular events in Japanese patients with 2 diabetes. Acta Diabetol 46, 239-242, 2009
  9. Takao T, Horino T, Kagawa T, Matsumoto R, Inoue K, Taguchi T, Morita T, Iwasaki Y, Hashimoto K, Terada Y:Effects of angiotensin II type 1 receptor blocker on albumin-induced cell damage in human renal proximal tubular epithelial cells. Am J Nephrol 29, 102-108, 2009
  10. Kuwahara M, Inoshita S, Terada Y, Sasaki S:Effect of Sevelamer Hydrochloride on Bone in Experimental Uremic Rats. Therapeutic Apheresis and Dialysis 13(1), 42-48, 2009
  11. 新井文子,廣田理子,福田哲也,東田修二,森 吉寛,寺田典生,佐々木成,三浦 修:腎障害を有する日本人多発性骨髄腫患者のサリドマイド血中濃度の解析.血液学会雑誌4月, 2009
  12. 岡崎瑞穂,西山 充,品原正幸,中山修一,岩崎泰正,寺田典生,橋本浩三:高度肥満者における低用量デキサメサゾン抑制試験の検討.ACTH Related Peptides 19, 23-24, 2009

[4]症例

  1. Horino T, Okazaki M, Nishikawa H, Takao T, Taniguchi Y, Morita T, TeradaY:A case with spontaneous bladder rupture mimicking acute kidney injury.Clinical Nephrology 72, 391-393, 2009
  2. Horino T, Takao T, Hashimoto K:Invasive Strptococcus agalactiae septic arthritis mimicking polymyalgia rheumatica. Southern Medical Journal 102, 109-110, 2009
  3. Horino T, Takao T, Taniguchi Y, Terada Y:Non-infectious endocarditis in a patient with cANCA-associated small vessel vasculitis. Rheumatology 48, 592-594, 2009
  4. Taniguchi Y, Horino T, Terada Y. Cutaneous amyloidosis associated with amyopathic dermatomyositis. J Rheumatol 36, 1088-1089, 2009
  5. Taguchi T, Sano S, Iwasaki Y, Terada Y:Symmetric giant xanthogranulomas in Erdheim-Chester disease. Eur Nucl Med Mol lmaging 36, 1198, 2009
  6. 中山修一,西山 充,谷口義典,岩崎泰正,寺田典生:肥満心筋症により心不全を呈したと考えられる若年高度肥満の一例.The Lipid 20, 420-423, 2009
  7. 西山 充,谷口義典,井上紘輔,大山健一,山田正三,井下尚子,佐野壽昭,岩崎泰正,橋本浩三,寺田典生:GH・TSH同時産生腺腫を含め複数の下垂体腺腫が存在した先端巨大症の1例.日本内分泌学会雑誌 85, 22-24, 2009

[5]その他

  1. 寺田典生:教室紹介.血圧vol16 (5), 2009
  2. 岩崎泰正,西山 充,品原正幸,中山修一,田口崇文,寺田典生:クッシング病モデルマウスにおけるインスリン抵抗性発症機序の解析.厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業間脳下垂体機能障害に関する調査研究平成20年度総括・分担研究報告書:61-64, 2009

研究助成金

  1. 寺田典生:文部科学省 科学研究費基盤(B)
    「腎疾患治療に向けての新規の再生医学的アプローチ」
  2. 寺田典生:文部科学省 科学研究費挑戦的萌芽
    「腎疾患におけるオートファジー・リソゾーム系の病態への関与」
  3. 寺田典生:大和証券ヘルス助成
    「再生医療技術を応用した腎尿細管の再生・修復による急性腎不全の新規治療法の開発」
  4. 寺田典生:生命の基金
    「CKD早期発見・治療に向けた病診連携ネットワークの構築」
  5. 井上紘輔:文部科学省 科学研究費若手(B)
    「再生医療技術を応用した腎尿細管の再生・修復による急性腎不全の新規治療薬の開発」
  6. 岩崎泰正:文部科学省 科学研究費基盤(C)
    「アルドステロンによる臓器障害の分子基盤」
  7. 公文義雄:文部科学省 科学研究費基盤(C)
    「急性冠症候群発症における好中球の役割に関する検討」
  8. 次田 誠:神経内分泌学会 若手研究助成
    「神経細胞におけるミネラルコルチコイド受容体活性化機構及び病態との関連」
  9. 厚生労働省科学研究費補助金
    「間脳下垂体機能障害調査研究」(分担研究者:岩崎泰正)
内分泌グループへ腎臓・膠原病グループへ糖糖尿病・代謝グループへ 業績案内へ

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ