高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*平成23年業績

平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度
平成19年度平成18年度

[1]著書

  1. 島村芳子,寺田典生:ファンコニ症候群.症候群ハンドブック,第VIII章p467.中山書店2011.
  2. 森田達仁,寺田典生:血尿、緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図,p918-923.医学書院2011.
  3. 西山 充:中枢性甲状腺機能低下症の診療のポイント.外来でどう診る?甲状腺疾患:p144-147,日本医事新報社2011.

[2]総説・解説

  1. 上田訓子,井上眞理,島村芳子,緒方巧二,寺田典生:新しい糖尿病薬のCKDでの可能性.内vol.107(2):271-275,2011.
  2. 寺田典生,上田訓子,石原正行,島村芳子,緒方巧二:尿細管の障害と再生.腎と透析vol.70(2):262-266,2011.
  3. 緒方巧二,濱田佳寿,上田訓子,島村芳子,井上紘輔,谷口義典,香川 亨,寺田典生:巣状糸球体化症 -病因から治療まで-.臨牀と研究 第88巻第4号:491-496,2011.
  4. 井上紘輔,緒方巧二,島村芳子,香川 亨,寺田典生:急性腎障害における尿中バイオマーカーの現状.腎と透析vol.70(3):339-341,2011.
  5. 島村芳子,寺田典生:高齢者と腎障害.Renin Academy Japan Journal No.7:14-15,2011.
  6. 緒方巧二,島村芳子,井上紘輔,香川 亨,寺田典生:炭酸脱水酵素阻害薬、浸透圧利尿薬、バソプレッシン拮抗薬(臨床医が知っておくべきこと、将来性を含めて).Modern Physician Vol.31(6):731-733,2011.
  7. 緒方巧二,上田訓子,島村芳子,井上紘輔,香川 亨,寺田典生:多発性骨髄腫と腎障害.綜合臨牀vol.60(6):1421-1424,2011.
  8. 公文義雄,杉浦哲朗,谷口義典,寺田典生,有井 薫,小林茂人:脊椎関節炎におけるFDG-PET/CTの有用性.日本脊椎関節炎学会誌vol.Ⅲ№1:3-7,2011.
  9. 柏原直樹,西中村隆一,寺田典生,門川俊明:尿細管・腎臓の発生-再生と医療-.Nephrology Frontier Vol.10 No.3:12-19,2011.

[3]原著・症例報告

  1. Takao T, Horino T, Kagawa T, Matsumoto R, Shimamura Y, Ogata K, Inoue K, Taniguchi Y, Taguchi T, Morita T, Terada Y : Possible involvement of intracellular angiotensin II receptor in high-glucose-induced damage in renal proximal tubular cells. Journal of Nephrology 24(03): 218-224, 2011.
  2. Taniguchi Y, Kumon Y, Shimamura Y, Kobayashi S, Terada Y : Rapidly progressive destructive arthritis in psoriatic arthritis sine psoriasis: do bone resorption marker levels predict outcome of bone destruction in psoriatic arthritis?. Mod Rheumatol 21:106-108, 2011.
  3. Taniguchi Y, Kagawa T, Ishibashi A, Horino T, Kumon Y, Terada Y : Weber-Christian disease associated with granulomatous mastitis a variant type of Weber-Christian disease?. Mod Rheumatol 21:228-231, 2011.
  4. Taniguchi Y, Okazaki M, Kagawa T, Nakajima K, Nakajima H, Terada Y : Atypical generalized morphea-like scleroderma presenting deep sclerosis on the fingers. Mod Rheumatol 21:232-234, 2011.
  5. Taniguchi Y, Kumon Y, Nakayama S, Arii K, Ohnishi T, Ogawa Y, Kobayashi S, Terada Y : F-18 FDG PET/CT provides the earliest findings of enthesitis in reactive arthritis. Clin Nucl Med 36:121-123, 2011.
  6. Terada Y, Ueda S, Hamada K, Shimamura Y, Ogata K, Inoue K, Taniguchi Y, Kagawa T, Horino T, Takao T : Aldosterone Stimulates NF-kB Activity and Transcription of ICAM-1 and CTGF in Rat Mesangial Cells via SGK(Serum and Glucocorticoid-inducible Protein Kinase)-1. Clinical and Experimental Nephrology 2011.
  7. Nakayama S, Nishiyama M, Iwasaki Y, Shinahara M, Okada Y, Tsuda M, Okazaki M, Tsugita M, Tagichi T, Makino S, Stenzel-Poore MP, Hashimoto K, Terada Y:Corticotropin-releasing hormone(CRH) transgenic mice display hyperphagia with increased Agouti-related protein mRNA in the hypothalamic arcuate nucleus.Endocrine Jornal 58:279-286,2011.
  8. Taguchi T, Maeda N, Fukuya T, Terada Y: Giant Pelvic Calcification.Internal Medicine 50:2687-2688,2011.
  9. Taguchi T, Iwamura S, Mizobuchi M,T erada Y: Hepatic arteriovennous malformation with hyperammonemia in Rendu-Osler-Weber syndrome.J Gastrointestin Liver Dis20:330-331,2011.
  10. Taguhi T, Ishibashi A, Shuin T, Terada Y: Callus Formation in a Patient with Cushing’s Syndrome.Internal Medicine 50:1861-1862,2011.
  11. Taguchi T, Inoue K, Shuin T, Terada Y: Giant Adrenal Calcification.Internal Medicine 50:1781,2011.
  12. Taguchi T, Ueda S, Kudo T, Nakajima H, Nishioka R, Sano S, Terada Y: Ramsay-Hunt syndrome.Journal of Infection 62:180-181,2011.
  13. Taniguchi Y,Kumon Y,Kagawa T,Terada Y: Secondary Retroperitoneal Fibrosis Due to Polyarteritis Nodosa Evaluated by F-18 FDG PET/CT.Clinical Nuclear Medicine 36:1044-1045,2011.
  14. Taniguchi T,Kumon Y,Nakayama S,Arii K,Ohnisi T,Ogawa Y,Kobayashi S,Terada Y:F18 FDG PET/CT Provides the Earliest Findings of Enthesitis in Reactive Arthritis.Clinical Nuclear Medicine Volume 36:121-123,2011.
  15. Makino S,Fujiwara M,Handa H,Fujie T,Aoki Y,Hashimoto K,Terada Y,Sugimoto T:PlasmaDehydroepiandrosterone Sulfate and Insulin-like Growth Factor I Levels in Obstructive Sleep ApneaSyndrome. Clin Endocrinol.2011 Sep 27.[Epub ahead of Print],2011.
  16. Takata T, Taniguchi Y, Ohnishi T, Kohsaki S, Nogami M, Nakajima H, Kumon Y, Terada Y, Ogawa Y,Tarutani M, Sano S:(18)FDG PET/CT is a powerful tool for detecting subclinical arthritis in patients with psoriatic arthritis and/or psoriasis vulgaris. J Dermatol Sci 64:144-147,2011.
  17. 谷口義典,次田 誠,香川 亨,寺田典生,公文義雄,有井 薫,小林茂人:若年発症および高齢発症脊椎関節炎の臨床的特徴の検討.日本脊椎関節炎学会誌vol.Ⅲ№1:43-49,2011.
  18. 有井 薫,吉本幸生,谷口義典,次田 誠,寺田典生,公文義雄,小林茂人:脊椎関節炎の疾患活動性モニタリングにおけるFDG-PET/CT有用性の検討.日本脊椎関節炎学会誌vol.III No.1:51-56,2011.
  19. 小松奏子,谷口義典,石橋綾子,香川 亨,寺田典生,公文義雄,佐竹宏文,執印太朗,吉永泰彦:膀胱癌に対するBCG療法により発症した反応性関節炎の一例.日本脊椎関節炎学会誌vol.III No.1:113-119,2011.
  20. 井上紘輔,島村芳子,緒方巧二,石原正行,香川 亨,寺田典生:AKIの新規治療法の開発.腎臓vo1.34  No2:103-106,2011

[4]その他

  1. 井上眞理:「新しい糖尿病治療薬について」.毎日新聞 四国健康ナビ.6,22,2011.
  2. 寺田典生:「尿細管・腎臓の発生-再生と医療-」.Nephrology Frontier vol.10 No.3: 12-18,2011.
  3. 西山 充:研究の窓辺インタビュー.株式会社先端医学社 血圧(別刷)vol.18 no.3:326-327,2011.

研究助成金

  1. 寺田典生,香川 亨:文部科学省 科学研究費基盤研究(B) 「オートファジー調節による尿細脱管分化と尿中再生マーカーを使う急性腎障害の再生医学」
  2. 寺田典生:科学技術振興機構 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ・ステージ 探索タイプ 「新規尿中バイオマーカーを用いた慢性腎臓病患者での急性腎障害の早期診断法の開発」
  3. 寺田典生:日本腎臓財団 腎不全病態研究助成「CKD患者における血清遊離型αKlothoおよびFGF23濃度測定の臨床的意義」
  4. 寺田典生:厚生労働省科学研究費補助金分担研究者「腎臓病総合レジストリーの構築とその解析」
  5. 藤本新平、稲垣暢也:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)「膵B細胞TBP-2の耐糖能障害における役割の解明」
  6. 香川 亨:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)「急性腎障害に対するオートファジー調整による新規治療法の基礎的検討」
  7. 寺田典生:厚生労働省科学研究費補助金分担研究者「進行性腎疾患に関する調査研究」
  8. 平野世紀:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)「腎尿細管細胞の脱分化・再生の過程におけるDNA修復、細胞周期、細胞死制御の解明」
  9. 井上紘輔:文部科学省 科学研究費若手研究(B)「再生医療技術を応用した腎尿細管の再生・修復による急性腎不全の新規治療薬の開発」
  10. 緒方巧二:文部科学省 科学研究費若手研究(B)「再生医学による急性腎障害での尿細管再生への新規治療薬の開発」
  11. 島村芳子:文部科学省 科学研究費若手研究(B)「腎疾患におけるオートファジーとサーチュインの病態への関与と新規治療薬の開発」
  12. 中山修一:文部科学省 科学研究費若手研究(B)「糖質コルチコイド過剰により惹起される過食・肥満形成メカニズムの解明」
  13. 公文義雄:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)「たこつぼ心筋症の成因に関する研究 -糖代謝・炎症を機軸とした中枢神経系の関与」
  14. 高尾俊弘:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)「細胞内アンジオテンシンⅡ受容体を介した腎障害メカニズムの解明」


内分泌グループへ腎臓・膠原病グループへ糖糖尿病・代謝グループへ 業績案内へ

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ