高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*平成24年業績

平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度
平成19年度平成18年度

[1]著書

  1. 石橋綾子,井上眞理,高田浩史,藤本新平,寺田典生:動脈硬化症の新しい診断・治療標的,第1章43-52.メディカルレビュー社 2012
  2. 井上紘輔,香川 亨,寺田典生:AKIの管理Q&A –救急・集中治療のための質問237- 救急・集中治療Vol.24 No.3・4 475-480 2012
  3. 寺田典生:糸球体腎炎.病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図 第二版 807-811 医学書院 2012
  4. 緒方巧二,寺田典生:AKIの予後と再生療法.AKI急性腎障害のすべて基礎から臨床までの最新知見,PartⅠ臨床総論 86-92.南江堂 2012
  5. 井上紘輔,寺田典生:連携して診る腎疾患 タイムリーな紹介から患者マネジメントまで 腎疾患の鑑別とマネジメントの要点, 薬剤性腎障害を疑ったら medicina Vol.49 no.12  1958-1962  2012.11
  6. 藤本新平:糖尿病治療薬の種類と使い分け 糖尿病治療薬のサイエンス -From Bench to Bedside- 8-14 南山堂 2012
  7. 西山 充:CRH 下垂体疾患診療マニュアル 内分泌シリーズ 22-23.診療と治療社 2012

[2]総説・解説

  1. 香川 亨,寺田典生:メサンギウム増殖性糸球体腎炎[IgA腎症, non-IgA腎症].別冊日本臨牀社 腎臓症候群(第2版)№17:60-61,2012.
  2. 緒方巧二,島村芳子,井上紘輔,香川 亨,寺田典生:管内増殖性糸球体腎炎.別冊日本臨牀社 腎臓症候群(第2版) №17:74-75,2012.
  3. 井上紘輔,島村芳子,緒方巧二,寺田典生:カリウム喪失性腎症.別冊日本臨牀社 腎臓症候群(第2版) №17:811,2012.
  4. 島村芳子,寺田典生:ナトリウム喪失性腎症.別冊日本臨牀社 腎臓症候群(第2版) №17:821,2012.
  5. 島村芳子,三宅晋,湯浅健司,岡林弘毅,寺田典生:慢性腎臓病対策と地域連携. 日本内科学会雑誌101:1266-1271,2012
  6. 石原正行,寺田典生:《先進的治療》AKIにおける再生医療の可能性.内科 Vol.110 No.3:449-451,2012
  7. 次田 誠,寺田典生:高血圧に伴う体液調整ホルモンの変化とその意義.[特集]高血圧と体液管理 メディカルレビュー社 Fluid Management Renaissance Vol.2 No.4 27(347-352) 2012
  8. 井上紘輔,寺田典生:薬剤性腎障害を疑ったら.医学書院 medicina 11 Vol.49 No.12:1958-1962 2012-11.
  9. 次田 誠,香川 亨,井上紘輔,寺田典生,岩﨑泰正:サルコイドーシスと腎障害.別冊日本臨牀社 腎臓症候群(第2版)№18:739-743,2012.
  10. 西 勇一,藤本新平:スペシャリストの症例から学ぶ!インクレチン関連薬の薬物治療管理-インクレチン関連薬との併用療法による低血糖発現後の処方設計.インクレチン関連薬.薬局 12 Vol.63 No.13 2012
  11. 藤本新平:インスリン分泌調節機序 グルコースによるインスリン分泌動態-惹起経路と増幅経路-日本臨牀 増刊号 最新臨床糖尿病学 上 70巻増刊号3 104-108 2012

[3]原著・症例報告

  1. Terada Y, Ueda S, Hamada K, Shimamura Y, Ogata K, Inoue K, Taniguchi Y, Kagawa T, Horino T, Takao T :Aldosterone Stimulates nuclear factor-kappa B activity and transcription of intercellular adhesion molecule-1 and connective tissue growth factor in rat mesangial cells via serum-and glucocorticoid-inducible protein kinase-1.Clin Exp Nephrol 16:81-88,2012.
  2. Ogata K, Shimamura Y, Hamada K, Hisa M, Bun M,Okada N, Inoue K, Taniguchi Y, Ishinara M, Kagawa T, Horino T, Fujimoto S, Terada Y: Upregulation of HNF-1β during experimental acute kidney injury palys a crucial role in renal tuble regeneration. Am J Physiol Reneal Physiol 303:F689-699, 2012.
  3. Taguchi T, Terada Y: Images in clinical Medicine. Pencil-Core Granuloma. The New England Journal of Medicine 366: 2408, 2012
  4. Amano E, Nishiyama M, Iwasaki Y, Matsushima S, Oguri H, Fukuhara N,Nishioka H, Yamada S, Inoshita N, Fukaya T, Terada Y: Remarkable Cystic Expansion of Microprolactinoma Causing Diabetes Insipidus during Pregnancy. J Clin Endocrinol Metab 97(8):2575-2576 ,August 2012
  5. Shimamura Y, Hamada K, Inoue K, Ogata K, Ishihara M, Kagawa T, Inoue M, Fujimoto S, Ikebe M, Yuasa K, Yamanaka S, Sugiura T, Terada Y :Serum levels of soluble secreted α-Klotho are decreased in the early stages of chronic kindney disease,making it a probable novel biomarker for early diagnosis. Clin Exp Nephrol(2012)16:722-729
  6. Taniguchi Y, Kumon Y, Ohnishi T ,Nogami M, Tani T, Ogawa Y, Sugiura T, Terada Y: Frequency of enthesitis in apparently healthy Japanese subjects detected by (18)F FDG-PET/CT. Mod Rheumatol 22:939-941, 2012.
  7. Zhao LF, Iwasaki Y, Nishiyama M, Taguchi T, Tsugita M, Okazaki M, Nakayama S, Kambayashi M, Fujimoto S, Hashimoto K, Murao K, Terada Y :Liver X receptorαis involved in the transcriptional regulation of the 6-phosphofructo-2-kinase/fructose-2,6-disphosphatase gene. Diabetes 2012 May;61(5):1062-71.
  8. Taniguchi Y, Pippin JW, Hagmann H, Krofft RD, Chang AM, Zhang J, Terada Y, Brinkkoetter P, Shankland SJ:Both cyclin I and p35 are required for maximal survival benefit of cyclin-dependent kinase 5 in kidney podocytes. Am J physiol Renal Physiol. 302(9):F1161-71 , 2012.
  9. Makino S, Fujiwara M, Handa H, Fujie T, Aoki Y, Hashimoto K, Terada Y, Sugimoto T. :Plasma dehydroepiandrosterone sulphate and insulin-like growth factor 1 levels in obstructive sleep apnoea syndrome. Clin Endocrinol 76:593-601, 2012
  10. Yokoyama H, Sugiyama H, Sato H, Taguchi T, Nagata M, Matsuo S, Makino H,Watanabe T, Saito T, Kiyohara Y, Nishi S, Iida H, Morozumi K, Fukatsu A, Sasaki T, Tsuruya K, Khoda Y, Higuchi M, Kiyomoto H, Goto S, Hattori M, Hataya H, Kagami S, Yoshikawa Y, Fukasawa Y, Ueda Y, Kitamura H,Shimizu A, Oka K, N nakagawa, Ito T, Uchida S, Furuichi K, Nakaya I,Umemura S, Hiromura K, Yoshimura M, Hirawa N,Shigematsu T, Fukagawa M, Hiramatsu M,Terada Y,Uemura O, Kagawa T, Matsunaga A, Kuroki A, Mori Y, Mitsuiki K, Yoshida H :Renal disease int the elderly and the very elderly Japanese:analysis of the Japan Renal Biopsy Registry(J-RBR) . Clin Exp Nephrol 16:903-920, 2012.
  11. 石原正行,藤枝幹也,寺田典生:尿細管障害と再生の分子機序.Annual Review腎臓2012:127-132,2012.
  12. 島村芳子,濱田佳寿,近江訓子,緒方巧二,次田誠,香川亨,寺田典生:トルバプタンを併用することで心不全症候を呈した微少変化型ネフローゼ症候群において限外濾過による除水を回避し得た一例.医薬ジャーナル2月号Vol.48 №2:164-166,2012.
  13. 東條明日香,山崎直仁,坂本知代,田口崇文,寺田典生,土居義典:左室肥大を伴う若年性高血圧から副腎性Cushing症候群の診断に至った1例.高知市医誌17(1):176-181,2012.
  14. 緒方巧二,松本竜季,濱田佳寿,谷口義典,寺田典生:AKIの病態,管理と予後.医薬ジャーナル11月号Vol.48 №11:164-88012.
  15. 西山 充、岩﨑泰正、西岡達矢、橋本浩三:副腎不全診断時におけるCRH負荷試験の有用性.ACTH RELATED PEPTIDES 23, 83-84, 2012.

[4]その他

  1. 寺田典生,安藤亮一,泉山肇,濱田佳寿,安藤進:CKD診療の最近の話題. 日本内科学会雑誌101:1354-1371,2012
  2. 藤本新平:診療案内 内科(2)(糖尿病・代謝)高知大学医学部附属病院 地域医療連携室だより 11月号 Vol.2, 2012

研究助成金

  1. 寺田典生,香川 亨:文部科学省 科学研究費基盤研究(B)
    「オートファジー調節による尿細脱管分化と尿中再生マーカーを使う急性腎障害の再生医学」
  2. 寺田典生:厚生労働省科学研究費補助金分担研究者
    「腎臓病総合レジストリーの構築とその解析」
  3. 藤本新平、稲垣暢也:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)
    「膵B細胞TBP-2の耐糖能障害における役割の解明」
  4. 寺田典生:厚生労働省科学研究費補助金分担研究者
    「進行性腎疾患に関する調査研究」
  5. 平野世紀:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)
    「腎尿細管細胞の脱分化・再生の過程におけるDNA修復、細胞周期、細胞死制御の解明」
  6. 井上紘輔:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「再生医療技術を応用した腎尿細管の再生・修復による急性腎不全の新規治療薬の開発」
  7. 緒方巧二:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「再生医学による急性腎障害での尿細管再生への新規治療薬の開発」
  8. 島村芳子:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「腎疾患におけるオートファジーとサーチュインの病態への関与と新規治療薬の開発」
  9. 中山修一:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「糖質コルチコイド過剰により惹起される過食・肥満形成メカニズムの解明」


内分泌グループへ腎臓・膠原病グループへ糖糖尿病・代謝グループへ 業績案内へ

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ