高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*平成25年業績

平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度
平成19年度平成18年度

[1]著書

  1. 谷口義典,寺田典生:14 代謝性アシドーシス治療薬. 腎臓病薬物療法実践ガイド・Ⅰ章 腎疾患治療薬の基本的知識,丹羽利充編集pp145-149. 中山書店,2013.
  2. 井上紘輔,寺田典生:17 尿細管性アシドーシス. 腎臓病薬物療法実践ガイド・Ⅱ章 疾患別処方例の実際,丹羽利充編pp363-369,中山書店,2013.
  3. 谷口義典,濵田佳寿,島村芳子,寺田典生:3 薬物治療 利尿薬. 腎不全治療レシピ・Ⅲ 慢性腎不全治療(保存期および透析),丹羽利充編pp188-194,医学出版,2013.
  4. 寺田典生:11-9 尿細管疾患. 第10版 内科学,矢﨑義雄編集pp1498-1505,朝倉書店,2013.
  5. 西山 充:肥満 やせ.改訂第8版 内科学書 Vol.内科学総論 臨床症状,小川聡編pp327-329,中山書店,2013.
  6. Nishiyama M, MD,Iwasaki Y,MD,PhD,and Yamada S,MD,PhD:A 26-year-old Woman with Polyuria During Pregnancy.Diagnostic Dilemmas : Images in Endocrinology‐SECOND DITION, 99-101,2013.

[2]総説・解説

  1. 高田浩史,藤本新平:メタボリックシンドローム.特集 肥満症 日本臨牀 71巻 第2号 266-269 2013.
  2. 井関邦敏,寺田典生:序 特集3:CKD診療の最前線. 腎と透析 74(2):246-248,2013.
  3. 中山修一,寺田典生:レジデント 特集 これだけは知っておきたい酸塩基平衡. 9:6-12,2013.
  4. 島村芳子,濵田佳寿,松本竜季,緒方巧二,井上紘輔,谷口義典,堀野太郎,寺田典生:AKI(急性腎障害),CKD(慢性腎臓病)の概念とバイオマーカー.特集 進行性腎障害:診断と治療の進歩 日本内科学会雑誌102:1092-1097,2013.
  5. 緒方巧二,松本竜季,濵田佳寿,井上紘輔,谷口義典,堀野太郎,寺田典生:急性腎障害の診断と治療.特集 最近の腎疾患診療 臨牀と研究 90(5):568-571,2013.
  6. 緒方巧二,寺田典生:腎臓を再生できますか?.特集 最新の知識で答える水電解質106の疑問 腎と透析 74(4):513-515,2013.
  7. 島村芳子,濵田佳寿,緒方巧二,井上紘輔,谷口義典,堀野太郎,寺田典生:高Na血症の原因と治療は?.特集 最新の知識で答える水電解質106の疑問 腎と透析 74(4):650-652,2013.
  8. 緒方巧二,濵田佳寿,島村芳子,井上紘輔,谷口義典,堀野太郎,寺田典生:リウマチ性疾患の腎症状・徴候.特集 リウマチ性疾患の症状・徴候から診断へ リウマチ科 50(3):325-329,2013.
  9. 濵田佳寿,松本竜季,堀野太郎,寺田典生:臨牀透析.特集 わが国におけるAKI診療の現状と課題 臨牀透析 Vol.29 №11:1553-1558,2013.
  10. 岡﨑瑞穂,西山 充,天野絵梨,中山修一,次田 誠,田口崇文,寺田典生,岩﨑泰正,山田正三,井下尚子:妊娠を契機に増大して尿崩症を来したプロラクチノーマの1例 Progress in Medicine(PM) 33:2540-2541, 2013.
  11. 西山 充,岩﨑泰正:下垂体腺腫以外のトルコ鞍部およびその近傍疾患の臨床像と内分泌検査所見 特集 下垂体腺腫と鑑別を要するトルコ鞍近傍疾患 ホルモンと臨床.Vol.60:105-107,2013.
  12. 西山 充,岩﨑泰正:副腎皮質刺激ホルモン 内科 増大号 検査値を読む2013・24章下垂体および下垂体機能検査 111(6):1499,2013.
  13. 岡﨑瑞穂,岩﨑泰正:プロラクチン 内科 増大号 検査値を読む2013・24章下垂体および下垂体機能検査 111(6):1500,2013.
  14. 次田 誠,岩﨑泰正:バソプレシン 内科 増大号 検査値を読む2013・24章下垂体および下垂体機能検査 111(6):1501,2013.
  15. 藤本新平:2型糖尿病における薬物治療-薬剤の選択. 高知県医師会医学雑誌 18(1),26-32, 2013.
  16. 西 勇一,藤本新平:DDP-4阻害薬,最近の話題 血糖改善作用のメカニズム.糖尿病56(10):727-729, 2013.
  17. 平野世紀,藤本新平:糖毒性のここがわからない!? 糖毒性とβ細胞機能不全、Diabetes Strategy 3(2):80-85,2013.
  18. 西 勇一,久保田 章,亀田晶子(分担執筆):第2章SU薬との併用療法-こんな症例に最適&こんな症例には×.週刊日本医事新報 6月特集号 インクレチン関連約+α 稲垣暢也編 4656:31-48,2013.
  19. 次田 誠,寺田典生:RAA系と体液調節 特集 心不全とレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系 Fluid Management Renaissance.Vol.3 №4:22(350)-27(355),2013.
  20. 石原正行,藤枝幹也,寺田典生:AKIと尿細管の再生.特集 再生医療と腎 腎と透析 75(6):856-859,2013.

[3]原著・症例報告

  1. Ishihara M, Urushido M, Hamada K, Matsumoto T, Shimamura Y, Ogata K, Inoue K, Taniguchi Y, Horino T, Fujieda M, Terada Y:Sestrin-2 and BNIP3 regulate autophagy and mitophagy in renal tubular cells in acute kidney injury. Am J Physiol Renal Physiol, 305(4):F495-509, 2013.
  2. Noguchi T,Makino S,Shinohara M,Nishiyama M,Hashimoto K,Terada Y:Effects of Gold Thioglucose Treatment on Central Corticotrophin-Releasing Hormone Systems in Mice.Journal of Neuroendocrinolory, 25:340-349,2013.
  3. Taniguchi Y, Kumon Y, Takata T, Sano S, Ohnishi T, Nogami M, Ogawa Y, Terada Y:Imaging assessment of enthesitis in spondyloarthritis. Annals of Nuclear Medicine, 27 (2):105-111,2013.
  4. Taniguchi Y,Ogata K,Inoue K,Terada Y:Clinical implication of FDG-PET/CT in monitoring disease activity in IgG4-related disease.Rheumatology (Oxford), 52 (8):1508,2013.
  5. Andreas Biebricher, Seiki Hirano, Jacqueline H. Enzlin, Nicola Wiechens, Werner W. Strecher, Diana Huttner, Lily H.-C.Wang, Erich A. Nigg, Tom Owen-Hughes, Ying Liu, Erwin Peterman, Gijs J.L. Wuite, Ian D. Hickson : PICH:A DNA transulocase specially adapted for processing anaphase bridge DNA. Molecular Cell, 51:691-701, 2013.
  6. Terada Y, Inoue K, Matsumoto T, Ishihara M, Hamada K, Shimamura Y, Ogata K, Inoue K, Taniguchi Y, Horino T, Karashima T, Tamura K, Fukuhara H, Fujimoto S, Tsuda M, Shuin T : 5-Aminolevulinic acid protects against cisplatin-induced nephrotoxicity without compromising the anticancer efficiency of cisplatin in rats in vitro and in vivo. PLOS one, 8(12):e80850.
  7. Taguchi T, Nakayama S, Fujimoto S, Terada Y:Lupus nephritis with positive myeloperoxidase/proteinase 3-antineutrophil cytoplasmic autoantibody that developed after 17 years of propylthiouracil therapy. Endocrine, 2013.[Epub ahead of print]
  8. Hamada K,Taniguchi Y, Shimamura Y, Inoue K, Ogata K, Ishihara M, Horino T, Fujimoto S, Ohguro T, Yoshimoto Y, Ikebe M, Yuasa K, Hoshino E, Iiyama T, Ichihara A, Terada Y: Serum level of soluble (pro)renin receptor is modulated in chronic kidney disease. Clin Exp Nephrol, 17:848-856,2013.[Epub ahead of print]
  9. Yokoyama H,Sugiyama H,Sato H, Taguchi T, Nagata M, Matsuo S, Makino H, Watanabe T, Saito T, Kiyohara Y, Nisi S, Iida H, Morozumi K, Fukatsu A, Sasaki T, Tsuruya K, Kohda Y, Higuchi M,Kiyomoto H,Goto S,Hattori M,Hataya H,Kagami S,Yoshikawa N,Fukasawa Y,Ueda Y, Kitamura H,Shimizu A,Oka K,Nakagawa N,Ito T,Uchida S,Furuichi K,Nakaya I,Umemura S,Hiromura K,Yoshimura M,Hirawa N,Shigematsu T,Fukagawa M,Hiramatsu M,Terada Y,Uemura O,Kawata T,Matsunaga A,Kuroki A,Mori Y,Mitsuiki K,Yoshida H:Renal disease in the elderly and the very elderly Japanese:analysis of the Japan Renal Biopsy Registry(J-RBR). Clin Exp Nephrol(2012)16:903-920.
  10. Taniguchi Y,Matsumoto T,Tsugita M,Fujimoto S,Terada Y:Spondylodiscitis and Achilles tendonitis due to gout.Mod Rheumatol,informa healthcare,1439-7595,2013.

[4]その他

  1. 岡田奈月,寺田典生:高知大学 コミュニケーションペーパー Lead 冬号 ラボ通信 2013.
  2. 堀野太郎:研究施設紹介 別冊 Nephrology Frontier 2013年3月号 第12巻 第1号 106-109,メディカルレビュー社 2013.
  3. 西 勇一:自覚症状のない糖尿病 怖い合併症 四国健康ナビ 毎日新聞 9,18,2013.
  4. 寺田典生:急性腎障害防ぐ効果 がん光らせるアミノ酸 高知新聞 12,19,2013.

研究助成金

  1. 寺田典生,香川 亨:文部科学省 科学研究費基盤研究(B)
    「オートファジー調節による尿細脱管分化と尿中再生マーカーを使う急性腎障害の再生医学」
  2. 寺田典生:厚生労働省科学研究費補助金分担研究者
    「腎臓病総合レジストリーの構築とその解析」
  3. 藤本新平、稲垣暢也:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)
    「膵B細胞TBP-2の耐糖能障害における役割の解明」
  4. 寺田典生:厚生労働省科学研究費補助金分担研究者
    「進行性腎疾患に関する調査研究」
  5. 平野世紀:文部科学省 科学研究費基盤研究(C)
    「腎尿細管細胞の脱分化・再生の過程におけるDNA修復、細胞周期、細胞死制御の解明」
  6. 井上紘輔:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「再生医療技術を応用した腎尿細管の再生・修復による急性腎不全の新規治療薬の開発」
  7. 緒方巧二:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「再生医学による急性腎障害での尿細管再生への新規治療薬の開発」
  8. 島村芳子:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「腎疾患におけるオートファジーとサーチュインの病態への関与と新規治療薬の開発」
  9. 中山修一:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「糖質コルチコイド過剰により惹起される過食・肥満形成メカニズムの解明」
  10. 田口崇文:文部科学省 科学研究費若手研究(B)
    「甲状腺癌細胞における細胞内エネルギー/糖代謝調節機構の解明と抗癌治療戦略の構築」


内分泌グループへ腎臓・膠原病グループへ糖糖尿病・代謝グループへ 業績案内へ

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ