高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

*研究紹介 糖尿病・代謝グループ

■糖尿病におけるインスリン分泌障害

2型糖尿病の発症・進展にインスリン分泌障害は重要な役割を果たしています。
膵β細胞においてグルコースは生理的に最も重要なインスリン分泌刺激物質です。膵β細胞には取り込んだグルコースを代謝して生じたシグナル(ATPなど)を介してインスリン分泌を惹起・増強するしくみがあり、代謝-分泌連関と呼んでいます。
糖尿病においてはグルコースによるインスリン分泌が著しく低下しているのが特徴です。これは膵β細胞内にグルコース代謝障害が存在し、代謝-分泌連関が破綻するからです(図1)。
この原因について研究をすすめています。

【図1】 糖尿病モデルラット膵β細胞における代謝-分泌連関破綻の機序とROSの役割



■糖尿病の病態に関する臨床研究、代謝マーカーの意義の検討

様々な耐糖能障害を有する集団のグルコース負荷試験の臨床データを用い糖尿病患者の病態、代謝マーカーの意義などを検討しています。
高知大学医学部消化器内科との共同研究では、肝病理組織で診断された非アルコール性肝疾患(NAFLD)患者における耐糖能障害においては、インスリン分泌が最も重要な因子であることを解明しました(図2)。

【図2】 NAFLD患者における耐糖能障害の関連因子の検索

またグルコースのエピマーで、基礎的検討ではグリコーゲン分解ともに肝より血中へ放出されることが判明しているマンノースのグルコースによる血中変動は耐糖能、インスリン分泌能などと相関することが判明し、ヒトにおけるグリコーゲン分解指標となりうることが示唆されました(図3)。

【図3】 75g経口ブドウ糖負荷試験時の血漿マンノース濃度変化と臨床因子との相関



■糖尿病の病態栄養学的臨床研究

糖尿病患者さんにおいて骨減少症、基礎代謝、体組成、療養行動などの要因解析を、栄養学的アプローチを重視し、糖尿病療養指導士とも協働してすすめています。



内分泌グループへ腎臓・膠原病グループへ糖尿病・代謝グループへ業績案内へ

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ