高知大学医学部 内分泌代謝・腎臓内科 第二内科

 

■診療内容

 当科では、糖尿病を中心に、脂質異常症や高尿酸血症をはじめとする生活習慣病の治療を行っています。

 糖尿病治療において重篤な合併症を予防するためには、良好な血糖コントロール、腎症・神経障害など慢性合併症の早期診断・治療が必要になります。糖尿病治療は、罹病期間、合併症の進展の程度のみならず、患者さん個々の生活習慣・状況によって治療の仕方は大きく異なり、各々にとって長続きするよい方法をみつけることが重要です。そのためには様々な職種の医療スタッフが患者さんとよく話し合い、治療についてともに考えていく必要があります。当科では、糖尿病学会専門医・指導医、糖尿病看護認定看護師、日本糖尿病療養指導士といった糖尿病分野の専門資格を持つ多くのスタッフと診療チームを形成し、入院時は、医師だけでなく、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、検査技師といった各分野の専門職がチームとして連携して、患者さんの指導・治療を行っています。また多忙な患者さんに対しては、2週間糖尿病教育入院、1週間インスリン導入入院といった糖尿病の治療や合併症の検査を行うプログラムもあります。

 やや専門的になりますが、糖尿病の検査として、人工膵臓による末梢のインスリン抵抗性の評価、Continuous Glucose Monitoring System(CGMS)による24時間の持続血糖測定などによる血糖変動の評価も可能です。

 専門的治療としては、糖尿病性ケトアシドーシスなどの急性期における集中治療、低血糖頻発例への対応、外科手術時や妊娠時の糖尿病管理、1型糖尿病や膵臓の手術による糖尿病の患者さんには小型携帯ポンプによる持続皮下インスリン注入療法を行っています。


「腎・膠原病」診療案内へ「内分泌」診療案内へ「代謝内科」診療案内へ

〈ページのトップへ戻る〉

教室紹介
体験入局
カンファレンス
学術活動
レクリエーション
同門会
関連施設
再生医学部門
お問合せ