診療案内
新規患者外来
腫瘍
内分泌不妊
産科
更年期
子宮内膜症
再診外来
外来担当医表
内視鏡下手術




子宮内膜症

子宮内膜症担当医師
講師:泉谷 知明  助教:谷口 佳代  助教:都築 たまみ

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、子宮内膜が子宮以外(主に腹腔内)に生着して増殖し、出血を繰り返すことで月経困難症を起こす疾患です。これが長期的になると、組織同士が癒着して慢性的な痛みとなります。

この病気の原因はまだ十分には解明されていませんが、免疫系の弱さや、また家族内発症が高いことから遺伝的要因も考えられています。

症状は?

ほとんどが月経を中心とした「痛み」ですが、進行すると慢性的な下腹部痛や腰痛、また排便痛や性交痛といった深部の痛みが生じます。また痛み以外に「不妊」も大きな問題となっています。不妊症に悩む方の約30%が内膜症であり、内膜症婦人約の50%が不妊症となっているというデータもあります。

治療方法は?

大きく分けて薬物療法と手術療法になります。薬物療法というとまず鎮痛剤を想像されるかも知れませんが、これだけでは内膜症の根本的な治療にはなりませんのでホルモン療法が主に行われます。

しかし最近では手術療法との併用で治療効果を上げています。手術療法は腹腔鏡(内視鏡)下に病巣を焼灼、癒着剥離、切除する方法です。従来の開腹手術より短期間の入院ですみ、術後の回復も早いです。初期の内膜症ではこの手術で妊娠率が改善するというデータもあります。

注意しておくことは?

この病気は「痛み」と「不妊」という女性のQOLに関わる問題を抱えています。そのため全ての方が同じ治療法という事ではなく、それぞれの方に応じた治療が必要です。現在妊娠を希望してないのであれば、薬物療法できちっと治療しておくのがよいと思います。ただ将来のことを考えれば手術療法も十分考えておいた方がよいでしょう。


お悩みの方はお気軽に当外来までおこし下さい。


ホーム 〉 患者の皆様へ 〉 子宮内膜症 診療案内