診療案内
新規患者外来
腫瘍
内分泌不妊
産科
更年期
子宮内膜症
再診外来
外来担当医表
内視鏡下手術




腫瘍外来 診療案内

腫瘍外来担当医師
教授:前田 長正  医員:山田 るりこ  助教:牛若 昂志  非常勤:小栗 啓義 

良性腫瘍では、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症などの治療を行っています。良性腫瘍においては、患者さんに負担の少ない内視鏡手術(腹腔鏡手術、子宮鏡手術)を原則として行っています。また、子宮筋腫に対しては,国内では大学附属病院で唯一、集束超音波療法(FUS)による治療を行っています。

また悪性腫瘍では、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、外陰がん、絨毛性がん(絨毛性疾患)の診断、治療を行っています。当院の特徴は、各診療科間の連携がよく、診断、治療における横断的協力体制が速やかにとれ、患者さんには理想的な集学的医療を提供することができます。

診断の面では、画像診断、病理診断との連携を密に行っています。県内では唯一FDG PET-CTを導入し、悪性腫瘍の早期診断、早期の再発発見に力を入れています。手術治療では、外科、泌尿器科などと連携し、進行癌に対しても積極的に診療を行っています。放射線治療や化学療法においても専門医との連携のもとに速やかに施行されます。また、緩和医療の面においても担当医の知識向上はもとより緩和チームとの円滑な連携が取れています。

外来ではおもに子宮頸部前癌病変のフォローアップ、婦人科がん治療後の検診、外来がん化学療法を行っています。

がん診療においては、診断から治療、検診、緩和ケアまで円滑で満足のいく集学的治療を心掛けています。


ホーム 〉 患者の皆様へ 〉 腫瘍外来 診療案内