教室紹介
研修プログラム
セミナー
現場の声
医局行事
入局・見学案内




研修プログラム

高知大学産科婦人科における研修プログラムは画一的なものではなく、個々人の希望に沿えるよう、卒後臨床研修の段階から上級医のアドバイザーとともに研修プログラムを立案します。そして実際の研修が始まると、アドバイザーがプログラムの遂行をサポートします。


プログラムの概要 (詳細PDF)「各基幹施設の『専門研修プログラム』は、日本産科婦人科学会の一次審査を通過したものであり、まだ日本専門医機構の二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください」

  1. 卒後臨床研修:卒後2年間の高知大学医学部付属病院での研修
    産科特別コースもしくは一般コース

  2. 専門研修:卒後3年目から5年目
    高知大学産科婦人科および関連病院で臨床研修を行い、6年目に日本産科婦人科学会専門医を取得する。

  3. 日本産科婦人科学会専門医取得後卒後6年目から10年目
    周産期・生殖医療・婦人科腫瘍などの各分野におけるサブスペシャリティー取得を目指した研修を行っていきます。
    またこの時期は臨床研修だけでなく、大学院に進学し学位取得を目指す場合は、基礎・臨床研究の指導や論文作成のサポートも行います。

高知県周産期医療人材育成プログラム

周産期医療に関しては、文部科学省の『周産期医療環境整備事業』に選定された高知県周産期医療人材育成プログラムが平成21年度よりスタートしており、若手医師の育成・指導の環境整備が着々と進行しております。
 → 人材育成プログラムPDF
 → 高知県周産期医療人材育成プログラムHP




▲ページの最初に戻る  


ホーム 〉 研修医・学生の方へ 〉 研修プログラム