高知大学医学部眼科学教室    
専門外来
 
 
オキュラーサーフェス(眼表面)外来

担当医師 : 角 環、高橋亜矢子、多田憲太郎
診療日時 : 毎週火曜日 午後 (予約制)

  オキュラーサーフェス外来は角膜疾患(角膜変性症、円錐角膜、角膜感染症)、結膜疾患(翼状片、結膜弛緩)、アレルギー、涙(ドライアイ)など目の表面を構成する組織の異常を手術や薬物療法を用いて治療する専門外来です。

角膜移植 : 当院はNPO高知アイバンクより角膜移植実施病院の指定を受けている県内唯一の病院です。
羊膜移植 : 産婦人科の協力のもと、羊膜(赤ちゃんを包んでいる膜)を用いた眼表面再建術を積極的に行っています。再発しやすい翼状片に対して、羊膜を用いることで良好な術後成績を収めています。羊膜移植は高度先進医療に認定されています。
角膜感染症 : 細菌検査部との連携により迅速なる起因菌の同定が可能です。
アレルギー性結膜炎 : 重症度に応じた効果的な治療を行っています。重症型である春季カタルの治療経験も豊富で薬物療法だけでなく外科的治療も可能です。
ドライアイ : 涙点プラグや血清点眼を用い患者さんのニーズにあった治療を行います。
コンタクト : 円錐角膜用の特殊レンズの処方が可能です。
 
  角膜感染症では角膜病巣の一部を削ることで、病気を起している原因菌を確認することができます。オキュラーサーフェス外来では、外来に常設されている手術用の顕微鏡を用いてこの処置を施行します。
  また、検査部細菌検査室の臨床検査技師(写真右)が眼科処置室に来てくれますので、迅速な検査が可能です。原因菌がわかることで、早い段階から適切な治療をすることが可能です。側視鏡から観察することができるため、若い医師の研修(写真右)も実際の手技を見学することが可能です。
  他の部署と連携することでより質の高い診断・治療に役に立っています。
角膜掻爬
角膜掻爬
 
角膜移植前
角膜移植後
角膜移植前   角膜移植後
 
翼状片手術前
翼状片手術後(羊膜移植併用)
翼状片手術前   翼状片手術後(羊膜移植併用)
 
 

高知大学医学部眼科学教室TOP
 
  Copyright (C) Department of Ophthalmology, Kochi Medical School All Rights Reserved.