高知大学医学部眼科学教室 研究内容 高知大学医学部眼科学教室 眼免疫研究室  
福島敦樹教授紹介(Profile) 福島敦樹教授紹介 研究業績 発表論文 研究業績 発表論文 ラボのメンバーたち 研究室のメンバーたち 教室案内TOP
眼科学教室TOP

研究室について

福島研究室について  我々の研究室は1996年に産声を上げました。物置のような部屋にクリーンベンチとCO2インキュベーターがあるだけでした。生まれたての研究室は極貧で年度末には実験もできないような状況が続きました。
 しかし、志を忘れることはなく、徐々に成長してきました。今年で12年目、人間にたとえると中学入学を迎える年であり、肉体的な変化は目覚しく、精神的な感化を受けやすい年ごろです。これから数年間が研究室の成長にとって、とても大切だと思います。『言志録』第10条「人は須らく自ら省察すべし。天何の故にか我が身を生出し、我れをして果して何の用にか供せしむる、と。」に記されているように、”why you are here”の精神を忘れることなく精進していきたいと思っています。
 5年後、10年後、いや明日、明後日にエキサイティングな結果がでますように祈りつつ・・・。

福島研究室について 福島研究室について 福島研究室について


研究内容

我々の基本的スタンス

眼免疫疾患に対してT細胞を中心にアプローチしてみよう!!

テーマ1) アレルギー性結膜疾患重症化メカニズムの解析
春季カタル発症のメカニズム
春季カタル発症のメカニズム
春季カタルではどのようなメカニズムで結膜に好酸球が浸潤するのか
 
抗原特異的T細胞の重要性 動物モデル
抗原特異的T細胞活性化の解析
T細胞活性化の制御
 
臨床研究  

結膜好酸球浸潤
結膜好酸球浸潤
T細胞の免疫染色
T細胞の免疫染色
 
テーマ2) ぶどう膜炎の発症メカニズムの解析
   他のグループからの実験的自己免疫性ぶどう膜炎についての研究報告結果 ぶどう膜炎
ぶどう膜炎
T細胞・マクロファージをターゲットとした免疫抑制
 
   
 

高知大学医学部眼科学教室TOP
 
  Copyright (C) Department of Ophthalmology, Kochi Medical School All Rights Reserved.