女性医師支援・入局者メッセージ

   

 整形外科は男性医師の多い診療科のひとつです。大工作業のような力仕事の印象が強く女子学生や女性医師が敬遠するのかもしれません。しかし、整形外科がカバーする領域は非常に幅広く、女性ならではの細やかで丁寧な仕事が求められる場面が多々あります。また、何といっても整形外科を訪れる患者さんの多くは女性であり、女性医師のニーズは他の診療科以上のものがあります。
「女医さんでよかった!」と患者さんから言ってもらえるような整形女医になってみませんか?
 高知大学医学部整形外科では、女性医師がライフワークバランスを保ちながら一人前の整形外科医になれるよう最大限のサポートをいたします。個別の事情に応じて夜間コールや当直業務などの免除、パートタイムあるいはフレックスタイム制の導入も可能です。病院敷地内には託児所が併設されており、育児中でも安心して仕事ができる環境が整っています。また、専門医の取得はもちろんのこと、国内・海外留学なども積極的に勧めています。専門性を高めてキャリアアップを図りたい教室員には平等に機会を提供しています。これまでに当教室で研修をうけた女性医師たちもそれぞれ大活躍をしており、ロールモデルになると思います。整形外科に少しでも興味があれば、是非彼女たちに直接話を聞いてみてください。

            整形外科教授 池内昌彦