HOME > -手の外(研究)


tenogeka.jpg

手・末梢神経とマイクロサージャリー研究グループ

最近10年の手外科および関連疾患に対する臨床的取り組みは多岐にわたる。末梢神経絞扼性障害に対しては、過去に報告している電気生理学的検討に基づいた診断に加え、近年では手根管症候群に対して1cm程度の小切開で行うmini-open carpal tunnel releaseや内視鏡手術など小侵襲手術に取り組んでいる。また高齢化社会に伴い高齢者の変性疾患にも積極的にアプローチし、ヘバーデン結節に対する固定術等や母指CM関節症に対する手術等も積極的に行っている。また近年増加傾向にあるとされる非結核性抗酸菌感染症に対しても以前より注目しており、病歴・培養・病理などに基づく診断と、滑膜切除等の手術に加え多剤併用化学療法による治療を報告してきた。

また筋弁移行等マイクロサージャリーを用いないものから、遊離筋肉移植や血管柄付き骨移植等などマイクロサージャリーを用いるものまで様々な再建手術を手がけており、その有用性を報告してきた。その主なものには股関節グループと共同で行ってきた大腿骨頭壊死に対する血管柄付き腸骨移植併用大腿骨頭回転骨切り術や、腫瘍グループと共同で行ってきた悪性骨腫瘍切除後再建にパスツール処理骨と血管柄付き腓骨移植を併用するものなどがあげられる。また口腔外科学教室と共同して血管柄付き腓骨移植による下顎および口腔底再建も行っている。

近年のマイクロサージャリー技術の向上に伴い、四肢リンパ浮腫に対する手術も報告されており、当科においても0.5mm以下のリンパ管と皮下細静脈を吻合するリンパ管細静脈吻合を行っており、その有用性を報告している。技術の向上のためには教育と訓練が必要であり、教室では手羽血管を用いた技術訓練を行っている。

論文

1.Noguchi M, Kawakami T, Yamamoto H: Use of vascularized pedicle iliac bone graft in the treatment of avascular necrosis of the femoral head. Arch Orthop Trauma Surg.
2001,Sep;121(8):437-442.


2.野口政隆,松﨑 浩,谷脇祥通,山本博司,貞廣哲郎:上肢手術における腋窩腕神経叢ブロックの検討.日本手の外科学会雑誌18(2):210~212,2001.


3.野口政隆,谷脇祥通,坪屋英志,谷 俊一,山本博司:頚髄症による上肢機能障害に対する再建法の検討.日本手の外科学会雑誌 20(5):560~563,2003.


4.野口政隆,松﨑 浩,谷脇祥通,坪屋英志,谷 俊一:半拘束型人工肘関節置換術の検討.日本手の外科学会雑誌 21(4):458~462,2004.


5.Matsusaki H, Noguchi M, Kawakami T, Tani T: Use of vascularized pedicle iliac bone graft combined with transtrochanteric rotational osteotomy in the treatment of avascular necrosis of the femoral head. Arch Orthop Trauma Surg. 2005, Mar ;125(2):95-101.


6.Noguchi M, Taniwaki Y, Tani T: Atypical Mycobacterium infections of the upper extremity. Arch Orthop Trauma Surg. 2005,Jul; 125(7):475-478.


7.谷脇祥通,野口政隆,松﨑 浩,谷 俊一,貞廣哲郎:腕神経叢損傷における肘屈曲機能再建術の検討.日本手の外科学会雑誌 22(5):597~601,2005.


8.Noguchi M, Mizobuchi H, Kawasaki M, Ueta E, Okanoue Y, Taniwaki Y, Tani T: An Intramedullary Free Vascularized Fibular Graft Combined with Pasteurized Autologous Bone Graft in Leg Reconstruction for Patients with Osteosarcoma. J Reconstr Microsurg.2008,Oct; 24(7):525-530.


9.野口政隆,谷脇祥通,中島紀綱,喜安克仁:四肢リンパ浮腫に対する最小侵襲リンパ管細静脈吻合術の検討.日本手の外科学会雑誌 25(3):270~273,2008.


10.谷脇祥通,中島紀綱,貞廣哲郎,野口政隆:Headless compressive screwによる指DIP関節固定術.日本手の外科学会雑誌 26(2):59~61,2010.


【文責:谷脇祥通】

top_sidebutton01.jpg高知県整形外科集談会
Meeting


top_sidebutton02.jpg高知県運動機能研究会
Futakinkai


top_sidebutton03.jpg高知県整形外科医会
Sanmokukai