教授挨拶

兵頭政光教授

高知大学医学部耳鼻咽喉科学講座 教授 兵頭政光

   高知大学医学部耳鼻咽喉科学講座では、優れた臨床医の育成および実際の医療に還元できる研究活動を通して、大学病院の使命である高度な医療の実践に向けて努力いたしますので、宜しくお願いいたします。

   耳鼻咽喉科は「耳」と「鼻」の診療科というイメージがありますが、実はその守備範囲は非常に多岐にわたり、脳と眼を除く頸(くび)から上のすべてを診療対象としています。そこには聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚など多くの感覚機能が含まれます。これらは人間が健康な生活をおくる上で必要不可欠な機能です。また、聴覚や発声・構音はコミュニケーションの手段として重要な役割を担っています。呼吸や嚥下(食べたり飲んだりすること)は生きていくうえで欠くことができない機能ですが、中でも食べることは人としての大きな楽しみでもあります。このように耳鼻咽喉科は人間が健康で豊かな生活をおくる上で欠かすことができないなさまざまな機能を診療対象としています。

   当科での診療のコンセプトは「機能の回復」です。慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎による難聴に対しては手術により聴力の改善を図っていますし、極めて高度の難聴に対しては人工内耳手術による聴力の回復を行っています。慢性副鼻腔炎による鼻閉や嗅覚障害に対しては内視鏡下鼻内手術による低侵襲手術と入院期間の短縮を図っています。声帯ポリープや声帯麻痺をはじめとする様々な声の障害に対しては、手術治療と音声治療(声のリハビリテーション)を病態に応じて使い分けています。高齢化社会の到来によって医療的にも社会的にも大きな問題となっている嚥下障害に対しても、手術とリハビリテーションによる治療体制を整備してきました。特に嚥下障害に対する手術治療では全国的にも有数の実績を有しています。喉頭癌、咽頭癌、口腔癌をはじめとする頭頸部癌に対しては、呼吸・音声・嚥下などの機能温存を図るため、放射線治療・抗癌剤による化学療法・手術治療を組み合わせた集学的治療を行っています。そのほか平衡障害、睡眠時無呼吸症候群、顔面神経麻痺などの診断および治療についても積極的に取り組んでいます。

   このように当科では、耳鼻咽喉科のあらゆる分野に対して高度の診療体制を整えており、高知県下のみならず近県からの様々な診療ニーズに応えています。また、これを支えるためには優れた耳鼻咽喉科医の養成が不可欠ですが、当科では個々の適性に応じた研修プログラムを通して多くの耳鼻咽喉科のスペシャリストを育てています。高知大学医学部耳鼻咽喉科では今後とも、高知県はもとより世界にもアピールできる活動を行ってゆく所存ですので、皆様のご支援とご理解を宜しくお願いします。

略歴

昭和58年3月 愛媛大学医学部卒業
昭和58年6月 愛媛大学医学部附属病院耳鼻咽喉科医員(研修医)
昭和59年4月 愛媛県立南宇和病院耳鼻咽喉科
昭和59年9月 愛媛大学医学部附属病院耳鼻咽喉科医員(研修医)
昭和60年2月 愛媛大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手
昭和61年4月 愛媛県立伊予三島病院耳鼻咽喉科
平成2年4月 愛媛大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手
平成7年1月 スウェーデン、カロリンスカ研究所に留学
平成8年3月 愛媛大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手
平成10年1月 愛媛大学医学部附属病院耳鼻咽喉科講師
平成12年3月 愛媛大学医学部耳鼻咽喉科助教授
平成20年4月 高知大学医学部耳鼻咽喉科教授

専門分野

  • 嚥下障害
  • 音声障害
  • 鼻副鼻腔内視鏡手術
  • 頭頸部腫瘍